スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

reopardに浮気してほぼひと月になる。
そろそろwindowsに復帰して、ダイナブック上のcubase
とMacBook Pro上のcubaseの比較でもしようかと作業を始めた。
BootcampでwindowsXPをインストールし、マイティーマウスが使えるように設定してから
FF800のドライバーもインストール。
続いてRAMDISK上にcubase studio4をインストールして再起動。
よ~し、一丁聴いてやるぞ・・・と意気込んだのだが、
RAMDISKのバックアップを取り忘れていたので、
Bドライブはカラッポ!
そこで時間切れになったので、続きは明日とあいなった。
それはそれで楽しみなのだが、頭の中はVista64がうずまいている・・・。
明日あたり近所の販売店(職場が日本橋なので)に駆け込むかもしれない。

今日は参った・・・。
Bootcamp上のXPにFF800やCubaseをインストールしていざ音だし。
ん?音が途切れる・・・
レイテンシーの設定かなと256から512→1024へと上げていったが、
しまいにはバリバリとすごいノイズをを出し始めた。
マイティーマウスのレスポンスもぎこちない。
こりゃあダメだ・・・ どうしよう・・・
まあダメなら元どおりMacでいくかなどと思い巡らせながら、
Windowsのチューニングをしてみることにした。
以前ダイナブック(Pentium M)でやっていたときはデフォルトでも問題なかったのだが、
作業を進めていくうちに次のようなことがわかった。
DualCoreのシステムはバックグランドサービスを優先させることが必須のチューニングで、
これを行わないと、特に低レイテンシ時にノイズが乗ることがあるらしい。
それとDualCoreのCPUはSingleCoreOpteonなどと比較して低レイテンシに弱い傾向があるので、
OSの起動オプション/usepmtimerを付ける事によって、低レイテンシ時の動作を改善しなければならない・・・そうだ。
そうか・・前はPentiumMだったけれど、今回はDualCoreだからな・・・。
で、やってみるとかなり改善されてひと安心。
しかしやはりまだときどき途切れるし、バリバリノイズもたまにでてくる。
レイテンシーが1024なのにもかかわらずだ。
う~ん まあしばらくお付き合いしてみるか・・・。
あ~あ。Visita64が遠のいてしまったなあ・・・。
でもしゃくにさわるから、帰りにVista64買って帰ろうか・・・?
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。