スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は参った・・・。
Bootcamp上のXPにFF800やCubaseをインストールしていざ音だし。
ん?音が途切れる・・・
レイテンシーの設定かなと256から512→1024へと上げていったが、
しまいにはバリバリとすごいノイズをを出し始めた。
マイティーマウスのレスポンスもぎこちない。
こりゃあダメだ・・・ どうしよう・・・
まあダメなら元どおりMacでいくかなどと思い巡らせながら、
Windowsのチューニングをしてみることにした。
以前ダイナブック(Pentium M)でやっていたときはデフォルトでも問題なかったのだが、
作業を進めていくうちに次のようなことがわかった。
DualCoreのシステムはバックグランドサービスを優先させることが必須のチューニングで、
これを行わないと、特に低レイテンシ時にノイズが乗ることがあるらしい。
それとDualCoreのCPUはSingleCoreOpteonなどと比較して低レイテンシに弱い傾向があるので、
OSの起動オプション/usepmtimerを付ける事によって、低レイテンシ時の動作を改善しなければならない・・・そうだ。
そうか・・前はPentiumMだったけれど、今回はDualCoreだからな・・・。
で、やってみるとかなり改善されてひと安心。
しかしやはりまだときどき途切れるし、バリバリノイズもたまにでてくる。
レイテンシーが1024なのにもかかわらずだ。
う~ん まあしばらくお付き合いしてみるか・・・。
あ~あ。Visita64が遠のいてしまったなあ・・・。
でもしゃくにさわるから、帰りにVista64買って帰ろうか・・・?
スポンサーサイト

仕事を終えて帰宅し、パソコンを覗いてみるとコメントを戴いていた。
PC_Audioさん 大天使心得さん ありがとうございます。
このような貴重なアドバイスはなかなか自分ではみつけられないもの。
明日は家庭サービスデーなので、逸る気持ちをなだめすかして明後日を待つことにしよう。
実は仕事帰りにVista Home Premium SP1x64 DSP版を買ってしまった。
しばらくは神棚にお供えしておこうか・・・。
なにはともあれPC_Audioさん 大天使心得さん ありがとうございました。
プロフィール

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。