スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC供給

暑い・・・

先日までの涼しさはやはりフェイントなのか・・・

最近の気候は油断も隙もない。

さて、やはりこちらも油断も隙もない電源だ。

PHIHONGスイッチング電源からノートパソコンにDC15Vを供給してご機嫌だったのも束の間、プライトロンでアイソレートされたAC200Vをスイッチング電源に供給していたのだが、600V 2Aファーストリカバリーダイオードによるブリッジ整流 そしてSIEMENSフィルムコンで平滑してDC280Vに供給しなおした。

DSCN0386_convert_20080902132659.jpg

premium2用とパソコン用のダイオードブリッジ2セット。

DSCN0388_convert_20080902133054.jpg

SIEMENSフィルムコンへと送り出す。

さあさあ、これでまた良くなってしまうなあ・・・と、ほくそえんで聴き始めたのだが、いまいちパッとしない。
まあいいか・・・、しばらく様子をみることにした。

ところが仲間が聴いても音像があきらかにひっこんだというのである。

おかしい・・・ あきらかに善いモノ、善い方式に変更したのに何故だ・・・?

あと、思い当たるのは直流供給と同時にノートパソコンのバッテリーを外したことだ。

だがこれは、以前の実験で無い方がよかった・・・・。

念のために装着してみる。

おお、これだこれだ。 バッテリーを装着すると俄然よくなった。

前の実験は二束三文の純正電源。今回は高性能PHIHONGスイッチング電源。

その違いだろうか・・・よくはわからない。

ただ一つ言えることは劣化したバッテリーは絶対だめということだ。

これはNAOK氏の臨床報告でもあきらかであった。

よしよし・・じゃあ、不要な前段のフィルター部や汎用のコンデンサーをパスして
直接DC280Vを供給してやろう。
フィルターはノイズを低減してくれるが音を鈍らせてしまう諸刃の剣だし、二回もダイオードを通す理由は微塵もない。

汎用のコンデンサーは良質のコンデンサーと共存する場合は存在そのものが害毒だ

DSCN0392_convert_20080902134903.jpg DSCN0390_convert_20080902135135.jpg

DC供給用のポストを立てて、おまけに高性能フィルムコン0.1μを装着。
出力部のコンデンサーもブラックゲートFKの絹巻きに変更。

DSCN0393_convert_20080902135542.jpg

これがDC供給スタイル
下の写真はAC供給時のスタイル。これではまだまだ不十分。

DSCN03790_convert_20080825141428.jpg

ものはついでということで、premium2用の電源もフィルター部をパスした。
(しっかりとした直流を用意しないとフィルター部パスはできないので誤解の無いようにされたい。)

で、結果は・・・・・

さらに軽快に音楽を楽しめるようになった。
スポンサーサイト

改造?改良?

朝夕はめっきり過ごしやすくなってきたが、日中はまだまだ上着いらずの日々だ。

やはり 暑さ寒さも彼岸まで・・・なのだろう。

さて、普級高級を問わず既製品のオーディオ機器を買って、そのまま使用するというのはどうであろう。

市販完成品は消費者ニーズの最大公約数的な仕様で送り出されている。
誰がどう使っても安全に無難な性能を発揮することが求められる。

音質よりもスペック重視なのもやむを得ない。

しかしなんといってもいかに高級品であっても各コストを切り詰めることに終始していることは避けがたい宿命だ。
逆に言えば絶妙のコストバランスがとれているのが市販品である。

しかしアンプなどは電源にもそれなりの物量が投じられているようだが、CDプレーヤーやその他周辺機器の電源はまだまだおざなりにされていると言っても過言ではない。

ゆえに、電源をハイクォリティーに改善することによって、市販完成品の音質は飛躍的に改善されるのである。

800万円のアンプといえども例外ではない。

そのまま使用することは実にもったいないことをしているわけだ。

しかしながら一度手をつけてしまうと修理もしてもらえないし、転売もし難くなるので、それなりの覚悟が必要ではある・・・・・。

さて、驚異的なパーフォーマンスを誇るPHIHONGスイッチング電源も、そのままでは磨かざる玉だ。

コンデンサーを交換して、浄化直流を供給する。
ここまではすでに述べた。

今日はその先に進んでみよう。

スイッチング電源の出力部にはLC平滑フィルターが入っている。
そのうちCはすでに交換済みなので、今回はLを改良する。

DSCN0396_convert_20080905150540.jpg

これがオリジナルのリアクター。
銅線なのはいいのだが被服の塗装成分が悪さをする。
よって絹巻き銀線に巻きなおす。

DSCN0397_convert_20080905151150.jpg  DSCN0398_convert_20080905151311.jpg

左がオリジナル 右が絹巻き銀線仕様。

DSCN0399_convert_20080905151541.jpg

換装して出来上がり。
コイルはもう一つあるが、絹巻銀線が無いので作業できない。

DSCN0401_convert_20080905151831.jpg

直流供給用の追加ポストと絹巻AUDYN CAPを加工装着

ここに300Vの浄化直流を供給すると飛躍的に性能アップ!
ただしスイッチング素子が直に入るので、前段を省略したこのような使用方法の場合はスイッチング電源複数のパラ接続はできない。
その場合はデカップリングが必要になる。

そして極めつけSEコンのパラ補填

DSCN0400_convert_20080905174639.jpg

ファイナルフィルター部の前段のコンデンサーにパラる。
後段にもパラッたらなお良いが、前段への効果が大きい。

で、結果は。

あたりまえの手当てをしただけなので、あたりまえの結果が出た。

プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。