スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマ

premium2にD-CLOCKを供給するために既存の水晶発振子を外す作業はこれで三度目である。
最初の1個めは見事に失敗し、基板のランドを剥離してしまった。
ランドは二つあって、基幹IC側のランドにD-CLOCKからの信号を供給し、もう片方は使用しない。
なので、こちらが剥がれたのなら差し支えないのだが見事に剥がれたのはIC側のランドだったのだ。

とにもかくにも水晶発振子を外さなければ外部からクロックを供給できないので、続けてチャレンジしなければならない。

予備のドライブを持ち出してどうにかこうにか発振子を離脱して、グランド問題でひと悩みしたのもすでに9月27日の拙ブログに記述してあるが、せっかくそうして実用になったpremium2を電源の切り忘れで壊したのがつい先日

まったく懲りないドジな男だ。

音楽データを読んだり読まなかったり不便なことこの上ないので、まずは未加工のpremium2を接続した。
少し音が太くなり何とはなしにボヤけて聴こえるので、勇気をだして三度目の水晶離脱に臨んだ。
再びD-CLOCKを供給して再確認したことは、やはり解像力や情報量が格段に上回るということだ。
人間は贅沢な生き物で、一度味わった上位の音色からは後戻りできない。

老婆心ながら付け加えるが、premium2から既存の水晶発振子を外す時はしっかり呼びハンダを盛って、充分に加熱することが肝要である。こわごわ加熱して外そうとするとランド剥離の悲劇を招くので注意されたい。

近々D-Clock NeutronStarに換装の予定なので、その変化が楽しみである。
スポンサーサイト

Macbook Pro early 2008顛末

寒い! いきなりの寒波に身体がすくみあがってしまった。

ふところにも木枯らしが吹きぬける・・・(-_-;)

何処かの垣根の曲がり角で焚き火にあたりたい今日この頃だ。

私の手元ではFF800との相性が悪くノイズの溜まり場となり、インターネット閲覧やメールのやりとりに役不足を嘆いていたMacbook Pro early 2008だが、
jillartさんに躾をしていただいたおかげでなんとか音楽再生ができるようになった。
まずはjillart師匠に深く御礼申し上げます。

既存の東芝Dinabookからワンランクグレードアップしようと企んで購入したMacbook Pro early 2008だが、RME FF800との相性が悪く、音質向上どころかノイズの嵐に見舞われ、悪戦苦闘の果てに討ち死にしたままだったのだ。その経緯は7月あたりの拙ブログにアップしている。

jillartさんが設定してくださった内容はjillartさんのブログに詳しく記載されているのでここでは割愛するが(手抜きやなあ・・・)、ようやくこれで虎の子のMacbook Pro early 2008で音楽を扱えるようになった。
FF800とはデフォルトのポートで1394b接続し、
premium2とはExpressCardで1394a接続する。
windowsはVista x64だ。

Macbookへの電源供給は付属の電源アダプターだが、AC100Vを供給するのではなく、自前のDC300Vを突っ込んだ。

さてさてその再生音質だが・・・

音色は従前の東芝Dinabook windowsXP(pentiumM)とさして違わないが、音像のスピーカー離れが悪いのが気になる。

低域もフォーカスが若干甘く、エンクロージャーが箱鳴りしはじめたようだ。

いちばん驚いたのはペギーリーをかけたとき。

精緻でテクニカルな彼女の歌唱が、おおざっぱで凡庸にしか聴こえない。
ダイナミックレンジも縮まってしまい、声色も別人というより20歳ばかり年をとったかのようだ。

これにて私のMacbook Pro early 2008は音楽再生から退場が確定した。

これはMacbook Pro early 2008のポテンシャルが低いというわけではなく、
元々相性が悪いのをむりやり設定変更で使えるようにしたため、閾値ギリギリの綱渡り動作ゆえであろう。
スペックではあらゆる点でMacbook Proのほうが上位なのだが、ままならないものである。

明日からはメールや仕事上のデータ管理に余生を送っていただくことにする。

しかし、同じノートパソコンでも銘柄によってこんなに音がちがうのなら、これからどうして機種を選んでいけばいいのだろうか・・・。
それにもまして、同じノートでもメモリの積み方で音が変わるし、私は実験していないがハードディスクでも音が変わるらしい。もちろん今回のMacbook Proでの実験でわかったように各種設定によってはもう全く異なったパーフォマンスを示すのだ。
(高性能なSSD換装によって私のマクドじゃなくてマックが生き返るかもしれない・・・という甘いあて推量もあるわけだ)
そして案外皆さんご存じないようだが、搭載しているバッテリーの鮮度によってガラッと音が変わる。2年以上使用したバッテリーをお使いの方は思い切ってバッテリーを新調することをお勧めする。そのリフレッシュされたサウンドに驚かれることであろう・・・。


ではやっとかめの今日の格言(^^)v

マックは関東! 関西ではマクド!

ちょー苦しい~ m(__)m

お知らせ
このたびご縁がありましてさもえどさんの「さもえどのオーディオ散財日誌」と相互リンクさせていただきました。
さらに、驚愕の積層コンデンサーウォールのgun_s80さん「オーディオ軍曹の改造日記」ともリンクさせていただきました。
拙ブログともどもよろしくお願い致します。
プロフィール

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。