スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマ

premium2にD-CLOCKを供給するために既存の水晶発振子を外す作業はこれで三度目である。
最初の1個めは見事に失敗し、基板のランドを剥離してしまった。
ランドは二つあって、基幹IC側のランドにD-CLOCKからの信号を供給し、もう片方は使用しない。
なので、こちらが剥がれたのなら差し支えないのだが見事に剥がれたのはIC側のランドだったのだ。

とにもかくにも水晶発振子を外さなければ外部からクロックを供給できないので、続けてチャレンジしなければならない。

予備のドライブを持ち出してどうにかこうにか発振子を離脱して、グランド問題でひと悩みしたのもすでに9月27日の拙ブログに記述してあるが、せっかくそうして実用になったpremium2を電源の切り忘れで壊したのがつい先日

まったく懲りないドジな男だ。

音楽データを読んだり読まなかったり不便なことこの上ないので、まずは未加工のpremium2を接続した。
少し音が太くなり何とはなしにボヤけて聴こえるので、勇気をだして三度目の水晶離脱に臨んだ。
再びD-CLOCKを供給して再確認したことは、やはり解像力や情報量が格段に上回るということだ。
人間は贅沢な生き物で、一度味わった上位の音色からは後戻りできない。

老婆心ながら付け加えるが、premium2から既存の水晶発振子を外す時はしっかり呼びハンダを盛って、充分に加熱することが肝要である。こわごわ加熱して外そうとするとランド剥離の悲劇を招くので注意されたい。

近々D-Clock NeutronStarに換装の予定なので、その変化が楽しみである。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。