スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春動

ダイナマイトではありません!  

まいど! 自己陶酔中毒のhamondですっ!

いよいよ春爛漫 桜も満開だしチューリップも可愛く咲いている。

さあ、いっちょうやるか!

懸案だったスピーカーネットワークのウーファーのローパスフィルターのコンデンサーを交換する。(もちろん位相補正用も)

今までも充分高品位なものを使っていたが、今回はさらに超高品位ビョーキグレードだ。

まずは下ごしらえから・・・。

DSCN0632_convert_20090408120701.jpg

追記

なんだか知らないあいだにスポンサーサイトなるものが勝手に表示されるようになった。

読みづらいですね・・・ご迷惑をおかけしますm(__)m

追追記

jillartさんのおかげで消すことができました。

おおきにおおきにありがとさん

これで心置きなく陶酔できる(^_^;)

ホップ・ステップ

久々に2ステップアップした。

ひとつは毎度のプライトロン

いままで極力分離給電に励んできたが、今回さらに分離度を高め、

CDドライブのpremium2に対して3台のプライトロンを投入した。

これからアイソレーションにアプローチされる方はプライトロンを選びさえすれば狂喜乱舞されること請け合いである。

さて今回の白眉はスピーカーネットワークのコンデンサーだ。

現在市販されているスピーカーのネットワークに使われているパーツはハイエンドクラスのものでも多寡がしれている。

やはりひとつひとつの構成パーツを究極に品位アップしなければ、トータルでの性能は望めない。

先日お伝えしたように最後の懸案だったウーファーのローパスフィルターのコンデンサーと位相補正用のコンデンサーをビョーキグレードに変更した。

DSCN0643_convert_20090412131154.jpg DSCN0644_convert_20090412131233.jpg
交換前

DSCN0649_convert_20090412131338.jpg DSCN0640_convert_20090412131304.jpg 
交換後

こういう根源的な改善は小手先の変更による変化とは違って重厚な品位アップとしてあらわれる。

ネットワーク素子を設置している土台の違いも見ていただけただろうか?

ありきたりのベニヤ板から20mmのウォルナットに変更してある。

自慢に聞こえると恐縮だが(まごうことなき自慢だが)こういう根源的な改善なくして究極の音楽再生は不可能だ。

追補

今回の実験には超絶聴覚のA先生、悶絶電圧のS君、写真フェチのOさんが立ち会ってくださった。
お三方とも口を揃えて再生音の向上を認めてくださり、曰く「音が柔らかくて繊細・緻密」 「木管の質感がさらに表現されている」 「音像が前に出ている」などなど・・・。
一歩間違えれば「こんなものはゴミ!捨ててしまえ」などと平気でおっしゃる方々なので、評価にお世辞は含まれていない。

おまえはどうなんだ?・・・とのお声も聞こえるが
自画自賛のインプレは不要だろう。
そんなものは心の中で思っていればいいことで、公の場に発表するかぎりは客観的な評価のほうが公正であると判断し、あえてお三方の評価で代弁したことをご理解いただきたい。
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。