スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低品位の脅威

遅まきながらの花冷えというのか、染井吉野はとっくに葉を繁らし八重桜でさえ散ってしまった今日この頃、いったん片付けてしまったセーターをまたひっぱりださないと寒くてしょうがない日が続いている。

さて今回はCDドライブpremium2の電源である。

いままでpremium2にはプライトロンのアイソレーショントランス3KVAを3台投入し、3台のPHIHONGスイッチングモジュールで5系統の電源を供給していた。

premium2と1394アダプターのクロック電源には、それぞれ3KVAのアイソレーショントランスと専用電源を用意しているので完璧の体制が整っている。(ちょっとやりすぎか?500VA程度の小さい容量でもいいと思う)

premium2の12V・5Vそして1394アダプター5Vの3系統にはアイソレーショントランス3KVAと1台のスイッチング電源をあてがっている。

毒を食らわば皿までどころか机の脚まで・・・の私としてはpremium2の12V・5Vそして1394アダプター5Vにそれぞれ別電源を用意して独立供給を企んだわけだ。

ここでまず、ご承知おき頂きたいのはPHIHONGスイッチングモジュールのこと。

以前からjillartさんや私が紹介してきたが、これはほんとに優れものだ。

いまだにスイッチング電源はリニア電源に劣ると思っておられる方がいらっしゃるが、コンデンサーを高品位なものに交換したPHIHONGスイッチングモジュールを凌ぐリニア電源を製作するのは容易なことではない。

で、やってみた。

DSCN0652_convert_20090428145020.jpg  DSCN0653_convert_20090428145058.jpg
DSCN0654_convert_20090428145149.jpg

たかが1台のpremium2 簡単な電源があれば充分に働いてくれる

されど1台のpremium2 やればやるだけ期待に応えてくれるだろう・・・。

さあ、その試聴結果やいかに?

ジャーン! いつものA先生、Oさん、S君の三人から口を揃えてダメ出しをいただいた。

曰く、音像がスピーカーにへばりついた。

曰く、音像がぼやけた。

んなバカな! アースループを断ち切り、なおかつお互いの電圧変動による相互モジュレーションの影響は確実に少なくなっているはずなのに何故なんだ・・・?

過ぎたるはは及ばざることごとし・・・か?

いや!そんな筈はない。

どこかに手落ちがあるに違いない。

紆余曲折を述べていると長くなるので、私がご飯も食べずにうどんを食べ、水も飲まずにビールを飲み、夜も寝ないで仕事中にうたた寝して導き出した結論はこれだ。

電源モジュールに載っていた平滑コンデンサーが元凶だったのである。

DSCN0655_convert_20090428145224.jpg

汎用で凡庸なパーツがその存在だけで音質に悪影響を与えることはわかっていたのだが、喉もと過ぎればなんとやら・・・。

ついうっかり見過ごしていた (^_^;)

私の場合はスイッチングモジュールの前半分、フィルター及び平滑段は使用せず、直接そこに高品位な高電圧直流を供給している。がしかし、今回はその平滑部に従前の汎用かつ凡庸なコンデンサーを残してしまっていたのだ。こんなものはあるだけで害毒であり、容量を稼ごうと低品位なコンデンサーを追加することは厳禁だ

今日の格言

汎用・凡庸は劣悪

スポンサーサイト
プロフィール

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。