スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューカマー

インターフェイスをRME FF800からPrism soundのOrpheusに換えてみた。

このOrpheusは特にAD/DAコンバーター部分の評判がいいのだが、
私は自前のDAコンバーターを使用するので純粋にインターフェイス機能だけの刷新となるわけで、
非常に贅沢な(無駄な)使い方をしているわけだ。

DSCN0664_convert_20090602164408.jpg

ドライバーのインストールはFF800よりも簡単で早い。
PCとの接続は1394b端子がないので1394aのみとなり、
DAコンバーターとはRCAプラグジャックによるS/PDIF。
ワードクロックはエソテリック・ルビジウムから44.1Kに変換して注入。

FF800には真空管整流によるスペシャル電源からDC300Vを供給していたが、
まずは壁コンダイレクトのAC100Vで試聴した。
プライトロンも使わずに裸のAC100Vである。

まず一聴して芯の通った音調で、立ち上がりの素早い音である。
スペシャル電源のFF800に比べると少し荒削りな部分もあるが、
数日通電していると落ちついてきた。
次はプライトロンを挿入し、その後に真空管整流スペシャル電源も控えているわけだから、大化けの可能性満載でこれからが楽しみなことである。

追記

Orpheusへの電源供給を壁コンダイレクトから3KVAのプライトロンアイソレーショントランス経由に変更した。
いつものことながら雑味がさらにとれてピュアな音質へとスライドする。

ひとつ残念なことが。

Orpheusの電源スイッチはリレーで制御されているので、回路を読み取るまではスペシャル電源からのDC300V供給はうかつには実施できない。




スポンサーサイト
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。