スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規格と音は・・・

アナログ出力の品位に定評のあるPrism soundのOrpheusだが、私は内装のDAコンバーターを使わずにS/PDIF出力から外部DAに同軸接続している。
Orpheusは民生用のS/PDIFだけではなく業務用のAES3出力も取り出せるので実験してみた。
もちろん相方のdCS Elgarはどちらの入力端子も備えている。
AES/EBUの信号レベルは5Vp-pに対しSPDIFの信号レベルは<1Vrmsである。(データ内容も同じではない)
本来のAESはバランス伝送と規定されているが、Orpheusの場合は1番ピンと3番ピンを共通グランドにした簡易出力なので厳密にはAES対SPDIFの比較にはならないが、まあお遊び感覚でやってみた。

DSCN0697_convert_20090803165613.jpg

使用したケーブルはAES用が絹巻き1.2Φ銀線 S/PDIF用は絹巻き1.4Φ純プラチナ線だ。

DSCN0692_convert_20090726113011.jpg DSCN0693_convert_20090726113052.jpg
   絹巻き1.2Φ銀線             絹巻き1.4Φ純プラチナ線

特性インピーダンスもシールドも無視の両ケーブルだが、純正のデジタルケーブルなどは比較にならない音質を発揮するものだ。(客観的評価で)

両者は線材もプラグも異なるので、この比較自体が無意味なのだが、まあそれでも驚くような違いがでれば・・・との淡い期待を抱いて音を出してみたが、
いままでどおりのS/PDIFのほうが好ましかった。

私は細かい音質評価を言葉でよく言い表せないので、二者択一の結果しか記せなくて申し訳ない。

まあ片や銀線、片やプラチナ プラグも異なるわけで、このあたりの違いはデータ規格以上の差異となって現れる要因となり得る。
(S/PDIF用に使用したプラグは最強のWBTnextgenだし、プラチナ単線の威力は銀線の比ではない)


そういうわけで、なんの定性的な結果も導き出せない無意味な比較だったが、まあ小人閉居して不善を為す・・・のたぐいとご理解いただければ幸いである。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。