スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングアンドワインディング労働

頼りにしていたS氏がご逝去され早や1年、我々の絹巻銀線の補給は途絶えたかに憂慮されたが、
A先生のお知り合いにR氏という強力なケーブルビルダーがいらっしゃった。
今回R氏のご助力により素晴らしいケーブルが手に入ったので紹介させていただく。

素材は5N銀線とプラチナに厳定(限定どころではなく)されている。
5N銀線といっても某メーカー製の5N銀線を流用した場合の音はひどいものであったので注意が必要だ。
プラチナは普通に貴金属商で入手できる標準純度のプラチナを使用している。

絶縁紙はボッシュのオイルペーパーコンデンサーを分解して取り出したもの。
これは耐圧も選定されていて、あまり高圧なものは厚みがありすぎてよくないらしい。
エジソンが電球のフィラメントを探して日本の竹に行き着いたように、R氏もあらゆる和紙を試した結果、
現在これを越えるものは見つかっていない.

DSCN0415_convert_20080916163624.jpg DSCN0418_convert_20080916163729.jpg
     切開して絶縁紙を取り出す

そして肝心なのが絹糸。
これは普通の蚕から採れる絹ではなく、天蚕と呼ばれる特殊な蚕から採れる天蚕糸に限られる。
それも中国産よりも国産が好い。
しかしながら国産の天蚕糸は貴金属並みの値段がついているので、ケーブル造りは難航の一途をたどっている。

DSCN0090_convert_20080625102526.jpg
      中央上が天蚕糸

R氏の製作されるケーブルにもいろいろなバージョンがあり、5N銀単線・5N銀リッツ線・プラチナ単線・プラチナリッツ線などから構成されているが、今回はその複合バージョンともいえる構造で、5N銀リッツ線+プラチナ箔によるものだ。
具体的には0.3mmφの5N銀線に件の絶縁紙を巻きつけたものを7本束ね、それをプラチナ箔で包むように巻きつける。
さらにその上から絶縁紙を巻きつけ、仕上げは天蚕糸の巻上げだ。
まあ想像を絶する作業だ。
根気がいるのは勿論だが、技術的にも並みの人間にはとうてい無理な仕事だ。

DSCN0753_convert_20100122130503.jpg
               完成したケーブル

DSCN0754_convert_20100122130619.jpg
           自作ネットワークに接続

DSCN0755_convert_20100122130650.jpg DSCN0756_convert_20100122130722.jpg
   375ドライバーへ                 2405トゥイーターへ

自作のデバイディングネットワークから375ドライバーと2405トゥィーターへの接続に使用した(ウーファー用はは未接続)
結果は・・・・・、
解像力がさらに向上した上にマイルドな耳触りという相反する特性を満たす結果となった。

この材質と構造が高性能である証明はなんのパラメーターからも立証できない。
4Nと5Nの銀の導電率がどう違うのかなど知らないし、プラチナなどは鉛よりはマシというだけで、銅よりもはるかに低い導電性を示す。
ただひたすら聴感上の試行錯誤の結果というだけである。
笑い話もしくはオカルトと受け取っていただくのも一興かとエントリーさせていただいた次第。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。