スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず

懐かしいロンメル戦車を作ってみた。
といってもロンメルというのはタミヤが勝手に名乗っただけで、
正式にはヤクートパンターというらしい。

ウェザリングの真似事もしてみた。

DSCN0972_convert_20121012114205.jpg

DSCN0970_convert_20121012114247.jpg
スポンサーサイト

COX CHAPARRAL 2C

1965年 私は小学5年生・・・・
街にはベンチャーズのエレキサウンドが流れ、007 サンダーボール作戦のポスターが貼られていたとき、
モデルカーレーシング(スロットカー)が熱病のように日本中を席捲していた。

模型屋さんにミニコースが設置され、そこでモデルカーを買うと無料で走らせてくれた。

難波・道頓堀にはボウルコンパというボーリング場があって素晴らしいコースが設置されていたが、
こちらは10分100円だったと記憶している。
もちろんそんなところへは数回連れて行ってもらっただけだが、
思えばその頃、並びにあったナンバ一番ではタイガースがファニーズという名前で出演していたのであろう・・・。

私たち庶民の子供は当時600円前後の日本製品を買ってもらって楽しんでいたが、
COX・K&B・モノグラムなどの輸入ものは4000円以上もしていて、我々には高嶺の花・・・
羨望の目で眺めつつじっと我慢の子であった。

結局ようやくのことでCOX社のFORD GT40を買ってもらったのだが以来47年
いまだに甘酸っぱい思い出ととして折にふれ脳裏をよぎるのだ。

そしてネットオークションのおかげでとうとう実行に移す日がきた。

COX CHAPARRAL 2C

当時はチャパラルと呼んでいたが、いまではシャパラルと読むのが標準だ。

DSCN0974_convert_20121022164813.jpg

DSCN0976_convert_20121022165043.jpg DSCN0978_convert_20121022164947.jpg

COXのモデルカーの特徴は、そのシャーシーとホイールがマグネシウム合金で作られていることだ。
そしてモーターが横積み(サイドワインダー)なので、樹脂製のスパーギアとあいまって独特の走行音を発する。
手にとって見つめれば、ときはいっきょに1965年へとワープ。



プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。