スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My sweet memory

ノートパソコンのメモリーを増設(交換)した。

私のパソコンは東芝のDinabook CPUはpentiumM メモリーは最初サムスン製256M(DDR333)が1枚だった。

DAWソフトはcubase studio4 インターフェイスはFF800

PCオーディオを始めてRAMDisk Tweakerを導入するにあたりIODATA製1Gを追加して問題なく使用してきたのだが、最近メモリーが安価になってきたので増設を思い立ったのである。

容量が大きいほうが良いと思ったし、1G+256Mよりも1G+1Gと2枚の容量を揃えたほうが善いと思ったからだ。追加したメモリーはハイニックス製。

さあ、これでパーフォマンスもあがり、さらに高音質になったはず・・・と意気込んで聴き始めたところがさにあらず、音像が膨らみ解像力が後退したじゃないか。

30時間ほどエージングしてみたが改善しない。

同じ1GでもIODATAとハイニックスの混用ではだめなのかと思い、IODATAの1Gを買いに走り、IODATA・1G×2とする。

が、それでもだめ。サムスン製256M+IODATA・1Gより劣る。

じゃあグリーンハウス製ならどうだと、グリーンハウス1Gを2枚購入してセットした。

う~ん・・・ 音質はまあまあだが、音像がスピーカーにへばりついてしまった。

結局サムスン製256M+IODATA・1Gに戻してしまった。

念のためサムスン製256MとIODATA・1Gの差込みスロットを相互に入れ替えてみたが、これも微妙に音の出方が変わる。

100時間以上エージングすれば結果は変わっていたのかもしれない。
それとも仮想メモリ(ページファイル)の設定を再考する必要があったのか・・・
メモリーはもう返品してしまったのだが、「システム管理サイズ」に切り替えればよかったのかも・・・


Oh! my bitter memory

悪戦苦闘の末、単なるインターネット閲覧専用に成り下がっていた私のMacbook Proが、jillart師匠のおかげで実用になりそうである・・・。
まだ手元に戻ってきてはいないが、明後日あたりから追試できそうなので追って報告したい。
jillart師匠には心より御礼を申し上げます。

追補 今回メモリーの交換にあたって大阪日本橋のショップBESTDO!のAさんSさんには驚くほど好意的な対応をしていただいた。この場で感謝の意を表させていただきます。




comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

メモリの容量やメーカーで音が変わると明言した方は滅多におられないと思うのです。私は未熟者ゆえ、そうだとも、違うとも判断しかねますが、こればかりは自分の環境で試してみるしかありませんね。
一つハッキリしているのは、メモリーのメーカーにそこまで拘って、3メーカーも試すというのは、さすが究極を目指す我が社の社風を実践されるCEOでございますな。(^^;

ところで、仮想メモリ。
DAW PCさんのサイトにも初期最大とも物理メモリの1~1.5倍にするのが良いと書いてありましたね。
PCのパフォーマンスを上げるには大量のメモリを積んで仮想メモリを使用しないというのが常套手段だと思っていたのですが、これはどうなのかしら? Vista 64bitで物理メモリ8Gぐらいにして実験してみたいところです。

No title

jillartさん
コメントありがとうございます・・・なんてかしこまってみましたが(^_^;)
音に厚みが出て解像度が下がったのはブラインドテストにおけるA先生や数名の仲間の感想ですので間違いありません。私などは迫力がでていいじゃない・・なんて能天気な受け止め方でして、ロック愛好家にはよろしいかと思われます。スロット相互の差し替えに関しましてはプラセボの恐れがあるかもしれません。あと、エージングの多寡も可能性大かな? 仮想メモリはググッてみたところ、「メモリーを増設したのに動作が速くならなかったが、仮想メモリ設定を変更したらサクサク動くようになった」という記事を読んだので、返品前に試してみればよかったと後悔しております。A先生は、あまりにも不確定要素が多いPCオーディオに不信感を抱き、CDトランスポートに一時退避なさっておられます。またPCオーディオにひっぱりださなきゃ~ね(^^)v

No title

A先生、弟子の迷走に呆れてそっぽを向いたわけですね。(^^;
そりゃあ責任重大、有無を言わせぬ音を出さにゃあ男がすたりますぜ。

No title

究極の感動の果てに失神・・・
していただくまではやめませんよ~(^^)v
ところで、いずれまた Sumsung製 256GB SSDについてもレクチャーお願いしますm(__)m

メモリーのノイズ?

どぅもです。
メモリーからの 輻射ノイズ って可能性も・・・
4層基板なのか、6層なのかでも違います。
私は MacBookPro の メモリー自体に 電波吸収シート を 貼り付け、メモリーのピンが基板から顔を出すところにも貼り付けていますが、冗談抜きに結構効きます!
容量の違いは レイテンシー が異なってくる可能性も。

No title

PC_Audioさん おひさですm(__)m
私のようなPC音痴が悪戦苦闘していることを見守っていただきありがとうございます。なるほど、そのような細やかな手当ての積み重ねが大切なんですねえ・・・。容量も大きければ良いというものでもなさそうですね。あの限られた面積に詰め込むだけ詰め込んだ大容量メモリーと比較的余裕をもってレイアウトされている小容量ものではなにがしかの特性が犠牲になるのでしょうか? Sumsung製 256GB SSDの続報 期待しています。
ああそうそう サトリアンプもバクーンではどんどん進化しているようですが、そろそろ新作にチャレンジなさらないんですか?(^^)v

メモリの量

こんばんは。
拙宅のシステム+私のプラセボな耳によれば,メーカーでも音は違いますし,刺す場所でも音は違います(笑)

ざっくりと申し上げると,メモリの量は少ないほど良いです。音楽再生に支障のない程度で,少なくしてみてください。拙宅の場合,大容量RAM+RAMDISKドライバより,小容量RAMでの運用のほうが音質的には良い結果になりました。

ECCメモリかそうでないかでまず大きく違いますし,あとはメモリ毎の消費電力量の差で音に結果的に差が出てきます。自らがノイズを出すとともに,ノイズアンテナとしての作用もあるので,非常にやっかいです。

後日拙サイトで説明用の記事を投稿しますので,少々お時間ください^^;

No title

lmstさん コメントありがとうございます。
なるほどやっぱりそうですか。固定観念で大きいほど良いと思ったのですが、実際は(私の場合は)1G+256Mの方がキレが良かったのです。lmstさんのおっしゃるように256M+256Mに戻してRAMDiskなしとの比較もしなければなりませんね。もう闇雲に試行錯誤を繰り返すしかないのか・・・?とウンザリしていたのですが、このような普遍性のあるコメントをいただくと非常にありがたいです。御サイトでの記事を楽しみにしております。追伸 lmstさんのPHIHONG電源の顛末も楽しみです(^^)v
プロフィール

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。