スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古今功罪

今日は梅雨もひとやすみの模様で空気が爽やかだ。

今回のエントリーは電気回路理論に生真面目な方にはとんでもない内容なので、目を塞いで飛ばしていただくか、妄想狂の笑い話としてお許しいただきたい。

さて、私の信号ケーブルはもうかなり前から絹巻き銀線であり、シールドはほどこしていない。
送受信のインピーダンスが600Ωと低いこともあるのだが、47K受けでも別段ノイズはひかない。
シールドをほどこすと抑圧されたような音質になるのを嫌うからである。

実は44.1KのクロックケーブルやS/PDIFケーブルもノンシールドの絹巻き銀単線を使用しており、
特性インピーダンスとやらの基本的な条件も、何処吹く風とばかりに無視している。
何故そんな無茶をするのかと尋ねられても、「音が善いから」としか答えようがなく、結果オーライの原始人なのだ。

しかしPC関連の接続ケーブルはさすがに純正市販品、もしくは市販ケーブル使用の自作品だろうとお思いだろうが、あにはからんやというか杞憂ではなく、やはり自作絹巻き銀線を愛用している。

DSCN0667a_convert_20090610154434.jpg

これは市販の1394aケーブルの芯線だが、ごらんのように厳重なシールドが幾重にもほどこされている。

DSCN0673_convert_20090610154558.jpg

それを絹巻き銀線のツイストペア二組+グランドライン1本で済ませてしまう。
バスパワーは必要ないので結線しない。

DSCN0675_convert_20090610154626.jpg

絹テープを巻いて完成だが、1394aアダプターを付けたpremiumなどはこれで不都合なく、音抜け・情報量・解像度そのどれもが純正ケーブルを凌駕する。

ところが今回同じ要領でケーブルを作り、PCとPrism soundのOrpheusを繋いで頓挫した。
1394a接続のOrpheusを認識しないのである。

DSCN0662_convert_20090610154303.jpg

このような純正品ならいとも簡単に認識する.
(話は別だが、MacBookPro WinXP SP3においてfirewireポートが正常動作しない場合はMicrosoft Hotfix KB955408を適用のこと)

firewireポートは2個必要なので、デフォルトのポートとPCカードのfirewireポートを利用するのだが、その組み合わせをあれこれ試行錯誤すると認識に成功した。
(PCカードもラシーとデンノーでは安定度が異なる)

残念ながらかなり不安定な接続状況なのだが、それでもいちどその音を聴いてしまうと、二度と純正ケーブルには戻れない。

そこで不本意ながら、自作ケーブルにシールドをほどこすことにした。

DSCN0665_convert_20090610154333.jpg

市販品の被服を剥き、芯線を抜き出してシールド編み線を流用する。さながら蛇の抜け殻である。

DSCN0666_convert_20090610154404.jpg

DSCN0670_convert_20090610154533.jpg

自作ケーブルに編み線を被せる。(もう片側はプラグカバーに接地してある)

DSCN0669_convert_20090610154503.jpg

仕上げに絹テープを巻き上げる。

これらの作業によって、Orpheusとの接続はなんとか実用レベルの安定度を確保することができた。
もちろん個人使用レベルであり、人様にはお勧めできない。

さらなる上流を求める欲望には限りがない。

今日の格言

功罪は表裏一体!  

おまけにもう一発

拡散的発展よりも収斂的発展を!  

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは~

終わりのない欲望への挑戦、さすがです!!
*^^*

No title

たもさん、まいど。
もう、行くっきゃないのです(^_^)v

No title

良い物出来ましたね。
どんな音がしているのか楽しみです。
近々伺います。宜しく

No title

iwaki0111さん まいどです。
もう、なにひとつ手抜きできないのでキツイっす(^_^;)
絹巻き銀線の在庫がなくなったら私のオーディオは崩壊ですわ。

No title

hamondさん、集中力が凄いっ!

絹巻き銀線の人質、いや線質は我が家で活躍中ですが、デジタル線に使うにはシールドとかいろいろと線細、いや繊細ですね。

No title

およよ conranzさん なんと絹巻銀線を線質にとっておられるのですか!
そりゃあなにがなんでももらっチャイナ(^^)v 
デジタルでも44.1kのクロックやS/PDIFぐらいならシールドはいらないです。しかしさすがに今回は参りました。1394bならシールド無しでもOKですが1394aはちとキツかったでござる。まあそれでも無しですませるこんらんでなくて魂胆ですけどね。

No title

こんちは。
おまけの一言、すんごく身にしみました。。。^^;

No title

たもさん、おばんでやす。
まあでも身体の具合が悪いときは、なんでも好きなようにやったらいいと思いますよ。
完璧に復活したら道を極めようではありませんか(^_^)v

No title

はじめまして。
絹巻と言うのは絹糸をぐる/\捲いていくのだと思もッていました。
確か某氏のはそうだったと記憶していますが・・・・
そんな面倒なことをよくやるナァーと云ふ感想だったのですが、
絹テープなら簡単で私にも出来るかも。

一度お店に行ったことがあるのですが、
残念ながらお休みでした。
木曜日が定休日なのでしょうか。
突然おじゃまするかも知れませんが、其の時は宜しくおねがいします。

No title

NOAHさん、はじめまして、コメントありがとうございます。
せっかくお訪ねくださいましたのに、定休日で申し訳ございません。
木曜以外の夕5時半まで営業しております。
絹巻銀線ですが、絹テープだけではございません。
こちらのエントリー http://hamond715.blog50.fc2.com/blog-entry-34.html にもございますように、二重に絹糸を巻いてあります。また最新バージョンは、それに付け加えて純和紙も巻いてあります。それらは全て故S氏の手作業になるもので、とても私などの手には負えません。では、今後とも宜しくお願いいたします。hamond

No title

こんばんは。田中電線でハンドメイドではありませんが機械式で絹巻き線を作ってくれますよ。コネがありますので能勢電鼓滝駅近くの工場も見れます。試作もしてくれるとおもいます。私も35年ほど前にリッツ線の2重絹巻SPケーブルを作ってもらった事があります。結局、虫に食われてボロボロになって駄目になりましたが。良く締まった高級ケーブルより良い音だったのでシマムセンのゆういちろう社長(当時は専務)に売るようにすすめましたが断られました。笑

No title

たまたまさん、情報ありがとうございます。以前テクニカルサンヨーでも絹巻き線を販売していましたが、採算ベースに乗ったのかどうか、皆さんニシキヘビのような色づけ満艦色ケーブルがお好きなので難しいところです。ところで、なんで虫に喰われたんでしょうね?美味しい味がしたのかな?

No title

こんばんは。今から思えばネズミだったかもしれません。見事にぼろぼろ。田舎ですので。笑。そういえば最近はリッツ線の事は言いませんね。導体の表面積を広くするのにはリッツ線が1番だと思うのですが。末端処理の皮むきが大変だからでしょうか。
話は違いますがhamond様がお使いのネットワークコイルはJantzenトロイダルコイル(14AWG)だったでしょうか。思ったよりリーズナブルですね。私も欲しくなってきました。

No title

たまたまさん、こんばんは。
こちらの場合、絹巻線4本を撚って片道としているので、簡易リッツ線といえるかもしれませんね。
コイルは、私のはトーイチ電機製(すでにディスコン)です。
リボン状の矩形線をギャップ付きトロイダル鉄心に巻きつけてあります。直流抵抗や漏れ静電容量が極小の優れものです。
よくある箔巻きコイルは、この漏れ静電容量が多いと思うので私は好みません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
明日休みです。朝方近くに行く用事があります。美味しいコーヒーを飲ませて下さい(このコメントをご覧になる時は明日の朝になっているかもしれませんが。笑)。朝9時ごろになると思います。セシウムカッティングの佐藤恵美子さんのCD(アリア)を持参させて頂きます。

No title

たまたまさん、おはようございます。
現在拙システムは懸案中の不確定要素が少々ございますが、
よろしくお願いいたします。

不確定要素

おはようございます。
明日(20日)お伺い致します。
不確定要素の排除をお願いします!-笑-
(最高の状態で香り高い珈琲と音楽を楽しみたいですネ)
hamondさんはあえて不確定要素を創りだし改善して進歩を遂げられているので『不確定要素』の内容が気にはなりますが・・?

No title

乾板おやじさん、まいどです。
拙システムの辞書に「最高の状態」という言葉はありません。
常に過渡期というか、発展途上です。
その危なかしさをお楽しみにお越しくださいませ。
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。