スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDプレーヤー懐古1

自分がPCトランスポートで音楽を楽しむなんて、
考えてもいなかったけれど、気がつけば毎日マウスを触っている。

少し過去を振りかえって今までの歩みを想いおこしてみよう。

もう25年ほど前に手に入れたのがDENNONのDP3300だったか・・・・。
10年ほど前まではそれをおとなしく使っていたが、
そのころ急激にオーディオ熱が再燃して改造に励みだした。
PCM56Pに内蔵のアンプを使わずにIV変換を外で組んで、
LPFやバッファーも全て組みなおした。
あのころのLPFはおそろしいほど急峻に不要帯域を切り落としていたからだ。(多段のLCRフィルター)
PCM56Pもパラにしてみたが、それはあまり効果がなく、
デジタル回路の74HC04をAC04に交換したときは音の立ち上がりがよくなったものだ。(パスコンは必須)
デジタル送り出し部分には柴崎さんのDSIXを組んで内装した。

PCM61が日本橋のデジットで1個100円ほどで販売していたので
4パラのDACも組んでみた。
ノンオーバーサンプリングも試し、PCM63でも作ってみた。
しかし、私の腕前ではそのどれもが市販品を凌駕できず、
トランスポートはCECのTL-1 DACはPhilipsのLHH-1000を入手した。
ご存知のようにLHH-1000はあのTDA1541Aを使用した名器である。(シングルクラウン搭載)

P1010448_convert_20080614115912.jpg   P1010451_convert_20080614120300.jpg


これもLPFの遮断特性が急峻だったので、
3次から2次に段数をへらし、素子や定数も吟味し、
オペアンプはAD797に換装。
最終段はカップリングコンデンサーを省略して、
DCオフセット調整できるように可変抵抗を基板の裏側に実装。

P1010449_convert_20080614120957.jpg


TDA1541AまわりのコンデンサーはASC。
これの効果は大きかった。
そのころの私は0.1~4.7μ程度のフィルムコンなら 独T.Electronic製のAUDYN CAP(必ずSN)を愛用していたが、
この部分に関してはASCで充分だったように記憶している。
抵抗はおおむね絹巻きスケルトン、電解コンデンサーはBG-FK。
ブラックゲートの評判が必ずしも良いとはいえないようだが、
ブラックゲートといっても色々なタイプがあり、ブラックゲートならではの性能を有しているのはK.FK及びPKシリーズだけである。
それも被服は必ず剥がし、絹を巻くとさらに違いがでてくる。
(もう市場にはないのか・・・)
スケルトンも裸のままと絹を巻いたものでは違いが出る。
絹を巻くのがめんどうな人でもグラスチューブだけは必ずはずしていただきたい。

トランスポートのCEC TL-1 にも酷い改造を加えた・・・。
(CECさん ごめんなさい。)
その話はまた明日に。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。