スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の出番は!

もう2年ほど前に四国のN氏や奈良のA先生から情報が入った。
カマデンからトライパスのICを使用したデジタルアンプキットが出ているが、
めっぽうイイ音がする・・・と。

何を言っておる・・・と鼻先で笑っていた私だが、
しばらくしてA先生が持ち込んできたデジタルアンプを聴いて顔色が変わった。

イイのである。

トータルでは私のアンプが勝っていたが、
持込のアンプはキットのまま組んで、電源だけを私規模の1/4であつらえたものなのに、(入力部のカップリングコンは換装してある)
へたをしたら張り合うほどの音を出しているのだ。

んなバカな!
この程度のアレンジでこれなら?
アレをコレして、ソレをアレして・・・・
とどめに超絶電源を用意したらいったいどうなるんだ・・・・。

(蛇足ですが、仲間うちの実験ではこのアンプ、凡庸な電源 汎用の電源では、凡庸な音しか出ません。そのような電源で音質評価されることの多いデジタルアンプは可哀想です。1万円のキットに5万円の電源はナンセンスだ・・・というご意見も正論かもしれませんが、それで100万円のアンプ以上の音が出るのなら差し支えないのではないでしょうか?)

次の日、私は脱兎のごとく日本橋の共立電子に走っていた。

もちろん、天邪鬼の私だ。

そのままは組まない。

DSCN0109_convert_20080705214459.jpg DSCN0165_convert_20080705215325.jpg


ファイナルのLPFのコイルをアモルファストロイダルコアに絹巻き5N銀線を巻きつけて自作。
右側の写真がキット付属のコイルだ。

放熱器は微振動を勘案してアルミブロックを用意し、
LPFのコンデンサーはムンドルフに仮決定。
わたしのスピーカーシステムは16ΩなのでLCの定数は若干修正。

DSCN0159_convert_20080705220102.jpg DSCN0162_convert_20080705220543.jpg


さあ、これで電源を作って・・・と思案橋しているあいだに早や数ヶ月経過。
四国のNAOKさんからメールが来た。

hamondさん まだカマデン作ってないの!
もう次のデジタルアンプがでてきたよ・・・。

D級デジタルアンプ、アイスパワー搭載のAcoustic Reality / eAR1001だ。

私は返信した
「NAOKさん 輸入手続きお願いします」

トライパスは叫んだ。

俺の出番はいつなんや!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。