スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカー懐古 Ⅰ

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず。
よどみに浮かぶうたかたはかつ消え、
かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

毎日聴いている音楽も、昨日と今日では同じように見えて同じではない。

それは装置が日々変化しているからでもあるし、
聴いている私の心境や境遇・環境が昨日と同じでないからだ。

我が家に初めてステレオなるものが到来したのは私が小学校に上がるかどうかの頃だ。
ナショナルの左右一体型で真空管式の大型システムだった。
MFB方式とかで、モーショナルフィードバックというのか、スピーカーボイスコイルの動きを検知してネガティブフィードバックをかける方式だったようだ。

これは非常に重厚な音が出ていたように記憶している。
クリスタルカートリッジもパワフルだし、16/33/45/72の4スピード切り替えだ。

自分専用のオーディオ装置を手に入れたのは高校2年生のころ。
かれこれ40年近く前の話だ。
私を可愛がってくれた祖母が残してくれたおこずかいで、兄の友人から譲ってもらった。
おばあちゃんに感謝。

アンプはサンスイの銘器 AU-111

6L6GCプシュプルのプリメインで、イコライーザー部はトランジスターのハイブリッドだ。
たしかチョークは搭載されていなかったように記憶する。

超重量級で風格のあるアンプではあった。

レコードプレーヤーはベルトドライブ、パイオニアのPL25E

カートリッジはグレースF8-L
これは針先の交換でMやCタイプに変更可能だ。

そしてスピーカー

なんとサンスイ SP-LE8T だ。

なんと香ばしい匂いがするのであろう・・・

SP-LE8T・・・

口にだすだけで、脳裏に浅丘ルリ子の笑顔が浮かぶではないか。

言わずと知れたフルレンジの金字塔

今から思えばもう少し大きな容量の箱が必要だったが、風格のあるエンクロージャーだった。

一寸話が脱線するが、現在のJBLを私はJBLだとは思っていない。
JBLがJBLといえたのは、1950年代までだ。
詳しい歴史はその筋の資料を読んでいただくとして、ランシングが設計したフルレンジはD130を旗手とするショートボイスコイル、軽量振動系、高能率ユニットである。ウーファーなら150-4Cや130Aなどだ。
それに対してバートロカンシーの設計したユニットはロングヴォイスコイル、重量級振動系、低fo,低能率ユニットだ。
フルレンジならD123、ウーファーならLE15Aや136A、その後全てである。
これらのユニットを私はJBL製と呼んで欲しくない。LE8Tもそうである。
パラゴンにLE15Aをいれるなんてもっての外だ。
まがりなりにもホーンシステムなのだから本来の150-4Cが当然の選択で、
百歩譲っても130Aである。
あ、いうまでもないが375などのドライバーはランシング直系だからまがいもなくJBLである。


私はこのシステムでビートルズを聴きこんだ。

同時に兄の友人から譲ってもらったMJQのヨーロピアンコンサートと
ウェスモンゴメリーのLPにも慣れ親しんだのだ。

ジャズとの出逢いである・・・

modern jazz quartet european concert

DSCN0166_convert_20080706112707_convert_20080706231357.jpg


今でも私のベスト盤だ。

なかでも3曲目の I should care が超お気に入りなのだが、
少しオーバーレベルで歪んでいる。
二番目のお気に入り曲であるI remember Cliffordは曲、演奏、録音ともに申し分ない。

大学を出て自分で稼ぐようになるまでは、そのシステムで好きな音楽を堪能した。

そのころ北の太融寺にサンスイのショールームがあったのだが、
そこに置いてあったJBLの大型システム(L300)で聴いたビートルズのカムトゥゲザーのベースは格別であった。
いつかはそのようなシステムを手に入れたいと夢に描いて聴きいったものだ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。