スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブリファレンス

今日は七夕
都会ではなかなか銀河を見ることはできないが、
今夜ぐらいは家族で夜空を仰いでみたら如何であろうか・・・。

宇宙はビッグバンから始まったと言われてきたが、
いまやビッグバン以前がとり沙汰されている。

そのキーワードは真空・・・
真空のなかでは素粒子が発生しては消え、消えては発生・・・を繰り返しているらしい。

そこからどのようにして、この大宇宙が派生したのか計りしれないが、
今夜はベガとアルタイルの邂逅を眺めながら、大銀河に想いを馳せようではないか・・・。

さて皆さん

私がリファレンスにしている絹巻き銀線ケーブルは、そのほとんどが淡路島の故Sさんの手によるものだ。
Sさんの超人的な技で巻き上げられたこのケーブルは、無味無臭・・・そっけないほど色付けがない。
しかしながら情報の欠損は驚くほど極小で、リファレンスとするに必要充分な特性だ。

だが残念ながらSさん亡き今、もう新たに入手することはかなわない。
皆さんに味わってもらうことができないのである。

そこで今回御紹介するのは、私が今まで使用した中で絹巻き銀線の次に素直だと感じたケーブルである。

(私もいちおう人並みに、カルダスのゴールデンリファレンスなどというケーブルを使ってみたことはあるのだが、早々に退場願った。)

DSCN0174_convert_20080707145039.jpg


DSCN0172_convert_20080707145146.jpg DSCN0173_convert_20080707145301.jpg


芯線はスズメッキ?のタフピッチ銅 被服はガラス編み線だ。
スズメッキ?のタフピッチ銅なんて、オーディオ的には論外の低グレードである。

しかし、しかし、被服がビニール系でないということの素晴らしさを、このケーブルは如実に味あわせてくれる。とにかく素直なのだ。さすがに情報量はそんなに多くは望めないが、色付けのマスキングがないため意外と情報は伝わってくる。

ビニール系被服の8N銅や銀の芯線ケーブルよりも、非ビニール系被服のタフピッチ銅芯線ケーブルのほうが善いのだ。

この善いという表現もかなり大雑把なもので、
もう少しくどく述べてみたい。(実にくどい)

おそらく高級オーディオマニアほど、このケーブルを善しとしないであろう。

シンバル シャンシャン鳴らない

女性ボーカル ネットリぬめらない

ベース ブンブン呻らない

なんだこりゃあ 面白くも無い・・・という顛末が普通だ。

しかし熟慮してほしい。

あなたはオードリーヘップバーンという女優が大好きだとして、
一度は素顔の彼女を見たくないであろうか?

もちろん、映画に出てくるメイクアップされた彼女は超魅力的である。

だがやはりほんとうの彼女の魅力を極めたいなら、
いちどは素顔をみておくべきではないか・・・・。

さあ、このチープケーブル!

スピーカーケーブル 2スケでOK!

電源ケーブル 2スケでOK!

RCAケーブル 少しハンダが乗りにくいが1.25スケならちょうど良い。
シールドもないから抑圧感のない開放的な音がする。

超高級ハイエンドケーブルを誤使用の すみません、御使用の方もいちど騙されたと思って使ってみてほしい。おそらくつまらない音になってがっかりされるであろうが、素直な色付けのないケーブルとはどういうものか、振り返れば自分のシステムがどのような色付けをなされていたのかを、そして自分のシステムがどのような色合いに偏色しているのかを、このケーブルは教えてくれるだろう。

まずはいちど素の自分の顔を見て、そこから再出発してほしい。
厚化粧の上から塗りたてても、その行く末は・・・・

注意して欲しいのは、このケーブルは耐熱ではあるが防水ではない。
電源に使用する場合は自己責任で慎重に行い、テスト使用にとどめてほしい。
防水型のシリコン加工タイプもあるのだが、シリコン被服があることで音質的には即アウトだ。

人に誇れる手柄など、ほとんど立てたことのない私だが、
このケーブルを見つけ出したことは、
人に自慢してもやぶさかではないと自負している。

大阪日本橋の電気材料販売店で 1m 110円 で販売している。


comment

管理者にだけメッセージを送る

電源ケーブル

先般久しぶりにラック裏を見て愕然!
自慢のB社製キャプタイヤタイプの電源コードの外皮がボロボロ。
ゴム製と思っていた外皮は実はゴム製ではなかった?のだ。

山登りをされる方ならご存知かと思うが、最近の登山靴の底はゴム製ではなく代替品を使用している。
登山中に突然靴底が割れ剥離する、と言うような事があるそうだ。
諸兄にも一度登山靴、いやラックの裏の点検をお勧めします。

さて、この崩壊した電源コードの代わりに管理人さんお勧めの銅線を使用する予定です。
只今この線につながるプラグとACインレットを物色中。

色付けのなさそうな、メッキの施されていない端子、エボナイト製のカバーとかないかな~

No title

ハイコストパーフォーマンスで色付けのないこのケーブルはhamond商社のいちおしです。
儲かりませんがね(笑) 
ガラス被服なので、手がチカチカするのが難です。
エボナイトとは、また古典的なものをお考えで・・・・ 
カバーなしが一番良かったりしますので、とりあえず剥きだしでいかがですか?

No title

最近200円/mのケーブルに嵌っていますが、110円/mですか、、、負けたorz

No title

jillartさん
安価なほうが偉いのです
なので私の勝ち (爆)
価値観のコペルニクス的転回ですよ~
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。