スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600Ω T型アッテネーター

VISHAY VSR  調子に乗って剥き始めた。
サルにピーナッツを与えたようなものだ。

あまりの手際の良さに(自分で言うから怖い)
プロセスがわかりずらいので、追加写真をアップする。
写りが悪くて申し訳ない。

abDSCN0181_convert_20080709150713.jpg DSCN0182_convert_20080709150854.jpg

   オリジナルのVISHAY VSR             まず、一撃

DSCN0183_convert_20080709151052.jpg DSCN0185_convert_20080709151240.jpg

   続けて二撃め                     落城間近だ

abDSCN0180_convert_20080709151458.jpg

      完成(^^)v

もう、コツが判ったのでガンガン剥いていくだろう。
いずれアッテネーターの中の100個あまりのVISHAY VSR 全てをネイキッドにしなければならない。

DSCN0186_convert_20080709155628.jpg DSCN0194_convert_20080709155922.jpg

自作の600ΩT型アッテネータ。 ケースは10mmアルミ、
スイッチはセイデンで銀接点のタイプだ。
同じセイデンでもこのタイプでなければアウトだ。
テスト段階で、同じシャーシー、抵抗、ジャックでスイッチだけをセイデンのワンランク下のものを使ってみたが、皆、口をアングリ開けるほどの奇妙な音がした。
構成パーツに燐青銅を使っているからである。
信号経路に燐青銅は厳禁だ。(けっこうありますよ)

抵抗は全てVISHAY VSR これがZ201なら申し分ないのだが、
必要な抵抗値が全く揃わないので、自作ネイキッドで対抗するしかないが、
100個ともなるとさすがの私もすぐには加工できない。 

DSCN0193_convert_20080709161625.jpg DSCN0191_convert_20080709161857.jpg

RCAジャックはWBT nextgen 
このジャック及びプラグもなくてはならないアイテムだ。
他のモノに換えた途端に眠たい音に変貌する。

aDSCN0061_convert_20080709171946.jpg


600Ωのアッテネーターについてはご意見もあるかと思うが、送り側の出力電流供給能力が充分な場合に限る・・といっておこう。

ちなみにサトリアンプをこのアッテネーターでオペレートしたら・・・
ぜひ試してみてほしい。
(ただしデフォルトのボリュームはVISHAYの5.6KΩに置き換えて)

comment

管理者にだけメッセージを送る

日曜日の時点ではビシェのモールド剥ぎは相当難しそうだったのですが一気に進みましたね!
写真を拝見しますともう一皮、渋皮みたいな茶色(朱色)の塗装が掛かったように見えます。
これは剥がなくて大丈夫ですか?

No title

そうですね・・・画竜点睛を欠くかもしれませんね。
ちょっと考えてみます。
乾板おやじさんもPCオーディオに挑戦されたらいかがですか~
フルサポート体制 整えてお待ちしておりますよ。

No title

破壊工作をしている図を想像したら、笑ってしまいました。

それにしても凄いシャーシだ。
こういうシャーシ(できれば底板天板はジュラルミン)でNew class Dのデジタルアンプモジュール、Plitron、出川式整流器、を使って自作アンプを作るのが目標でございます。

No title

jillartさん 楽しい想像をしていただきありがとうございます。
それこそが男のロマンだと想うわけでございます。
さりとはいえ、jillartさんの日々のご活躍を刮目して拝見させていただいております。
あの探求力と実践力は常人ではございません。
私の活力源となっておりますので、これからも御先導よろしくお願い致します。
ところでD級アンプですが、
私は2年ほど前からデンマークB&OのアイスパワーというD級アンプモジュールの1000Wタイプを愛用しております。
今日ご紹介したものと同じ構成のアルミケースに収めています。
写真にもチラリと写っておりますが、あさってあらためてご紹介させていただきますので、
ご検分お願いいたします。
さあ、明日は自宅でノンオーディオデイでございます。
ああそうそう、MacBook Proが帰って参りました。
直っていればよいのですが、それもあさっての楽しみといたします。
ではおやすみなさい。
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。