スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連鎖反応

今、中部が熱い!

と言っても名古屋の景気の話ではない。

オーディオ改良症候群の発信(発振?)源、jillartさんが燃えている!

そのとどまる所を知らない実行力と深い洞察力。

迷ったときは遂行!的な勇気。

ちょっとお茶目なあわてんぼぶりにも親近感が湧く。

jillartさんに触発されてヤル気を奮い立たされているのは私だけではないだろう。

大天使心得さんという大参謀が後ろでバックアップされているのも強みだ。

この連鎖反応のトリガーを弾き、燃料を注入し続けるjillartさんに拍手喝采!

さて、hamond商社の本店はプライトロンの不良在庫を多量にかかえていたが、このたび一念発起して、今月中にセッティングすることにした。
なんとか8月初頭には現時点での最良のコンディションに整えておきたいのだ。

エソテリックのルビジウムクロックにもプライトロンを挿入するが、
実はこんなことは表面的な応急処置で、本当は内装しているWBトランス、整流回路、平滑回路、それらすべてを換骨奪胎しなければならない。
しかしさすがに無謀な私もG0sに穴を開ける根性はないので、なんとか可逆的な手法で電源の総入れ換えを模索している。

comment

管理者にだけメッセージを送る

発想の転換で

1.G-0Sは外部10MHzを受けられます(50オーム受けできるかは要確認)ので、内部のルビのユニットのみ外します。
2.TEAC製のブレイクアウト基板がありますが、これは外します。(もしG-0S本体が75受けしか出来ず、この基板が75出しならこれも必要なのではずします。)
3.G-0Sが50受けできるなら、SRSの純正ブレイクアウト基板をセキテクノトロンから購入。(これにはGPS≒セシウムの1PPS入力もあり、さらにお楽しみこれあり。)
4.ルビのユニットが一番電源の影響をモロに受けますし、G-0Sの価格の3~4割はこれが占めている心臓部ですから、これに思う存分・この世の果てまでの電源を付けてやり、これでもかの制震とシールドをしてやり、50オーム同軸(または75)でG-0Sに出力。

これだけで相当遊べます。

No title

大天使心得さん。
おお・・・ 毎度ありがとうございます。
実にマニアックなサゼスチョンです。
もう私はほとほとエソ○リックには愛想が尽きました。
ブレイクスルーしたいとたくらんでおりますので、
ご指導ご鞭撻よろしくお願い致します。
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。