スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Pro 再び

VISHAY嬢 昨日のままではあまりに可哀想なので、絹のスカーフを巻いてあげた。

DSCN0212_convert_20080712235047.jpg


最高級の天蚕糸だ。

天蚕糸というのは高級な絹糸と思っていたのだが、ちょっと違うらしい。
普通の絹糸は蚕の繭から取り出すが、天蚕糸というのは天蚕・・すなわちヤママユ蛾の繭から紡ぎだされる。
ヤママユ蛾は普通の蚕が桑の葉を食べて育つのと違い、クタギ、コナラ、カシワ、シラカシなどの葉を食物として全国の山野に生息する。
天蚕(ヤママユガ)の繭から採れる天蚕糸はつやのある光沢としなやかさが特徴で、「繊維のダイヤモンド」「繊維の女王」と例えられるほどだ。
抵抗の女王VISHAYにふさわしいではないか!

さて、MacBook Proが二度目の点検から戻ってきた。
一度目は内装のCD-DVDドライブを交換してきたが、
そんなもので治るはずもない。
今回はLeft I/O Audioボードを交換してきた。
しかし音飛び、音切れ、音崩れの症状はそのままである。
明日は三度目の点検に旅立つ。

まあ、治りはしないだろう・・・

今日RMEのサポート情報でこんな記述をみつけた。

「2007年後半以降に出荷されているMacBook Proは、Firewireポートで使用されている通信チップが従来と仕様変更されているため、オーディオインターフェースなどを使用すると正しく動作できないことがある。RME製品の場合はFireface 400、Fireface 800が該当する。
この問題はMacのメインボードの設計に依存するもので、回避するためには、Firewire 800のポートへ接続するか、Firewireリピーターハブや、他のFirewire周辺機器を中継して接続する必要がある。」

私の場合、Firewire 800に接続しているので、MacOSXでは問題がない。
しかしwindows側ではFirewire 800接続でも音飛び、音切れ、音崩れの症状が出てくる。

まあいいか・・・ いつかどうにかなるだろう。
ならんかっても死にはせん。

ちなみに、windowsでも1曲ぐらいはなんとか聴くことができるので、
MacOS Leopardサイドとwindows Vista64サイドでの再生音の比較を報告しておこう。

DAWはcubase studio4 オーディオインターフェイスはFireFace800 
接続は1394bだ。

MacOS Leopardサイド → 音質は滑らかだが、音像がスピーカーにへばりつき躍動感がない。

windows Vista64サイド → 音像がぐっとせり出て音が弾む。

はっきり言ってMacOS Leopardサイドは使い物にならない。

(あくまでも我々仲間のブラインド試聴のみの感想)

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

>>2007年後半以降に出荷されているMacBook Proは
成る程、仕様の変更ですか。
私の使っているのは 2007年1月 購入したモノなので、偶然に問題回避出来ていたわけですね。
私見ですが、サウスブリッジの変更が一番怪しいような・・・

No title

Macbook proのIEEE1394コントローラはLSI製FW643らしいです。(LSIと合併する前はAgere systems)
http://www.lsi.com/networking_home/networking_products/p1394_products/index.html

私のDOS/Vに積んでいるPCI-E×1 IEEE1394b&aカードもLSI製FW643ですが、1394aも1394bも快調に動いています。

RMEのサポート掲示板
http://www.rme-audio.de/forum/viewtopic.php?pid=13318

FW643のリビジョンにより違う? わけわからん、ゴメン。

お互いなかなか辛いですな。

No title

PC_Audioさん 毎度でございます。
せんだってから、ひと型前のMacBook Proに買いなおそうかとも考えていたのですが、
それもなんだか癪にさわりますしね~。
サウスブリッジ・・・検索しましたが、私にはどうすることもI can not
まあ、ぼちぼち試行錯誤してみます。

No title

jillartさん お世話様です。
いつも貴重な情報ありがとうにござんす。
手前、おてあげにござんす。
まあそのうちなんとかリベンジしまっさ~(^^)v
それよりもプライトロンをフル設置して、きたるウイングサミットに備えなければならぬでごんす。
あ~いそがし・・あ~いそがし・・(爆待)

Firewire800のExpressCardを試されるのも一法かも知れません。

お暑うございます。

僕のMacBookProも昨年後半の製品ですから、多分この問題に該当していると思います。
それでも現状クリアできているとしたら、おそらくFF400との間をExpressCardで接続しているためではないか、とまずは思われます。
PCI Expressとの接続によって、チップセットの影響から逃げることが出来ているのかも知れません。
QuickTimeは基本64ビット化しているようですが、まだ周辺アプリと連携して64ビット動作できず、Leopardはまだ32ビットです。デフォルトの800ポートに接続していても、Vista64ビットの高速な負荷にはチップが対応しきれないのかも知れません。

まずはお手持ちの玄人志向のExpressCardで400での接続を試してみていただいた上で良いようであれば、Firewire800のExpressCardを試されるのも一法かも知れません。
とりあえず一例として。
http://www.sonnettech.com/jp/product/fw800expresscard34.html

No title

大天使心得さん 連日の猛暑ですがお元気になさっておられますでしょうか。
我々の知恵袋として頼りにさせていただいておりますので、お身体大切になさってくださいませ。
さて、ExpressCard34でのff400接続は試してみましたがダメでした。
ただ、premium2とデージーチェーンを構成しますので、
それが何がしかの障害になっているのかもしれません。
いずれにしましてもRMEの障害報告はMacOSXでの報告なのかと思いますが、
幸い私はMacOSXでは順調です。
がしかし、windowsでオペレートできない限りはMacBook Proの意味がありません。
まずはLASIEのFF800カードで再挑戦してみたいと思います。
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。