スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこはかとなく・・・

もうお盆だというのに連日の猛暑に陰りはみえない・・・

しかし耳を澄ましてみるとジージー鳴いていた油蝉がミンミン蝉にバトンタッチしつつあるようふだ。
もうしばらくするとまたそれもヒグラシと交代する。

その頃にはさすがの暑さも一息つき、空には入道雲にかわって鰯雲が青空を背景にたなびきだすだろう。

季節のうつろいはひそかに始まるので、諸兄も耳を澄まし、目をこらして小さい秋を見つけていただきたい。

ブログ開設以来七十余日、なにかに取り憑かれたようにがむしゃらに走ってきたが、
ここらあたりでひと段落つけて、ペースダウンしようかと思う所存。

さて今日は、CDについて心に移りゆくよしなしことを そこはかとなく書きつくれば あやしゅうこそものぐるほしけれ・・・といってみよう。

皆さんCDからどうにかして良い音をひっぱりだそうとして日々精進なさっておられるわけだが、
肝心のCDの出来不出来を勘案なさったことはおありだろうか?

CDの出来不出来といっても演奏や録音の良し悪しではなく、どんなマスターを使って、どんな加工をしているかということだ。

ここからの話はアナログマスターのCDのはなしで、昨今のデジタル録音時代の演奏の話ではないし、昨今の演奏には興味も無い。

例えばTHE OSCAR PETERSON TRIOのWE GET RIQUESTS
この1枚の作品にしても 国内盤 米国 独 英 仏 etc
それに付け加えて紙ジャケット 20bit 24bit ゴールドCD・・・などなど
姑息な児戯をほどこした商品満載である。

それぞれ使用しているマスターも違うし、録音レベルも違う、ひどいのはトラックごとのレベルも操作してピアノがえらく前にでてくるし、ドンドンブリブリシャンシャン イコライジングもされている。
そのうえやれ20bitだ、やれ24bitだと姑息な加工で上辺をつくろう始末。
そんなものは聴き心地が良くても、フォーカスはぼやけていく一方なのだ。
今日もカウントベイシーで失笑大会全開だった。
こんなものをネタにして装置をいじくってもナンセンスなのだ。

そういう意味ではアナログディスクの本国版原盤がいちばん確実だと思われる。
なにしろ当時の音がタイムスリップして抽出できるのだから・・・。

しかし、ものごとはそううまくはいかないもので、アナログディスク再生には不確定要素が満載なのである。

まずカートリッジも幾多の種類があるしプレーヤー、アームも同じくだ。
それゆえカッティングマシンを設置している剛の者もいるが、それとてそのレコードがカッティングされた状況と同じものを全て揃えることはできないだろう。

またフォノイコもそうとうな不確定機器で、RIAAカーブといっても昔は何種類かあったわけだし定かでない上にNF型であれCR型であれLCR型であれ、それぞれ相応の音質劣化は避けられない。

プリアンプにしろ信号はなにか一つの回路を通るごとに変化する。その変化度合いはADDA変換どころではない。

まあそれでも私は現在のCDの音源を思えば、本国版原盤の優位性はゆるがないと思うが、私はCDで行こうと決めた。

だからCDで良い音を聴かれたい方は決して1枚や2枚のCDで判断せずに、
同じタイトルのCDでも3~4枚は聴き比べて

出来の良いCDを愛聴していただきたい。

概して国内盤はダメで輸入盤でも新しいものはシャラシャラだ。
中古屋さんで古い輸入盤(OJCなど)を見つけていただきたい。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

CEO、
変換アダプタ供給D-clock出力は5Vが良いかもしれません。しばらく様子を見てみますが、例の同軸ケーブルの種類を吟味する前にこれに手を付けるべきかもしれません。
続報を待て!
なーんて、妙に偉そうな支店長でございます。(^^;

No title

ほいほい 早速5Vにあげてみます。といっても金曜日ですが・・・。
最近私は思うのでございますが、中部支社を本社に昇格させ、
大阪本社は大阪支社とすればよいのではないかと・・・
いずれにしましても陰の御前は四国と奈良にあらせられますわけですから、
本社CEOはエネルギッシュなjillart卿におまかせしたほうがよろしいかと思う存念でございます・・・。

No title

拙者が暴走した時の怖さをまだ知らぬとお見受けした。(爆)

No title

ぞくぞく・・・
これでもまだ暴走していないと・・・
スーパーサイヤ人も真っ青でござりますな。爆
プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。