スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋風に吹かれて・・・

ノートパソコンの電源を、
付属のアダプターからPHIHONGスイッチング電源に換装し、
爽やか満開の音になったのもつかの間。
このままで承知する私ではない。

こま使いとなって世間の耳目を逸らしている間に、直流化のお膳立てをくわだてた。

さんざん今までこのユニットを褒めてきたわけだが、もとよりオリジナルのままではそんなに騒ぐほどのものではない。
フィルター部あとの平滑コンデンサーを最上級のものに換え、
終段のコンデンサーも最低絹巻きブラックゲートぐらいにして初めて、そこそこのパーフォマンスを示してくれるのだ。

そして、究極の電源を目指すなら交流供給は卒業して、真空管整流による超浄化直流を奢ってやらなければ画竜点睛を欠く

しかしながら全ての機器に独立して真空管整流による超浄化直流電源を用意するわけにはいかず、
さすがの私も今回は渋々ダイオード整流で行くことにした。

口ほどにも無い人間である。

600V 2Aのファーストリカバリーで我慢・・・(ToT)

DSCN0381_convert_20080826170410.jpg

これで整流したあとはこのコンデンサーで平滑する。

DSCN0045_convert_20080826170033.jpg

そのうちにチョークインプットにグレードアップするが、今回は許していただこう。

ああそうそう・・・ D-Clockへの給電ラインが長いので、途中にコンデンサーをはさんでおこうか・・・。

DSCN0380_convert_20080826170216.jpg

まあ、このあたりの材料で明日施工してみよう。

今日はいまからビアタイム

ハンダゴテやドリルなど握っている場合ではない
オーディオには精神的な余裕が必要なのである。
(誰よりも余裕の無い私が言うのだから間違いはないのだ)

明日中に結果報告できれば善しとしよう・・・・

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。