スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋雨

このたびアイスパワーAcoustic Reality eAR1001のご縁で
primex64さんのブログ MusicArenaと相互リンクしていただきました。
宜しくお願い致します。

お知らせ

仕事帰りに暗くなった道を歩いていると・・・そう、あの香り。
金木犀の甘酸っぱい匂いが鼻腔をくすぐる。

毎年この季節の風物詩である。

DSCN0445_convert_20081008232629.jpg


しかし不思議なもので、ふわっと匂ってきたのを、立ち止まってもう一度胸いっぱいに吸おうとしてもあまり匂ってこないのだ。

やはりそこはかとなく漂ってくるのを味わうのがいいのであろう・・・。

Parts ConneXion's Autumn Harvest Sale

Beginning @ 6 p.m. on September 23rd, 2008, pcX is pleased to offer all our customers 15% off on any new order of FILM CAPACITORS.
Sale ends Friday October 31st at Midnight.

すわD-clock Neutron Star発注・・・と思ったのもつかのま、
今回はフィルムコンデンサーのみ ですのでお間違いのないように。

なお、私はParts ConneXion's のまわしものではありません。

御礼

徒然なるままに、そこはかとなく書きつくろってまいりました拙ブログも、皆様の暖かいご厚情に見守られまして、おかげさまで本日1万アクセスを超えるまでに至りました。

これという系統だった理論も無く、行き当たりばったりご都合主義の内容に、
お叱りの言葉ひとつなくお付き合いくださいまして誠にありがとうございます。
ここに篤く御礼申し上げます。

ブログを通じましてお付き合いが始まった先輩や仲間の方たちとの交流も教えられること幾多あまた、
趣味を同じくすればこその有意義なものとなり、感謝に絶えません。
今後ともお引き立て願い奉ります。

また、コメント欄へのアドバイスや叱咤激励、はたまた四方山話などなど明日への活力となりますれば、よりいっそうのご投稿お待ち申し上げます。

ここしばらくオーディオ的には足踏み状態ではございますが、いずれ究極の感動をもたらす再生音楽を具現いたすべく精進いたしますので、
生温く、もとい、厳しくも暖かいご指導ご鞭撻を賜いますよう
宜しくお願い申し上げます。hamond 拝

CIMG1378_convert_20081014235805.jpg

好麺縁

この数日素晴らしい秋晴れが続き、1年を通じていちばん過ごしやすい季節を満喫させていただいている。

さてこのたび麺好きであることと、ある種の造形に対する美意識が共通しているご縁でconranzさんのブログ conranz roomとの相互リンクを貼らせていただきました。

もちろんオーディオに対する造詣もたいへん深い方でございます。
(ラーメンの陰に隠れがちではありますが・・・現在、過去のオーディオ記事にアクセスできないようです。方法がみつかれば当ブログでお知らせいたします。)

conranzさん及び小生ともどもの発展を祈念し、リンクさせていただきます。
ありがとうございました。 

早速対応してくださいました。conranzさんのブログのリンク欄の☆ conrans room 2005-2008をクリックしていただくと、過去のエントリーに飛ぶことができます。

遠来の客

本日、はるばる愛知県からstill_crazyさんが来てくださった。
お仕事の都合で大阪に出張されたとのこと。
同じ趣味を持つ者同士たちまち意気投合、
まことに温厚な紳士であらせられた。
still_crazyさん 今後ともよろしくお願い致します。
相互リンク、ありがとうございました。

そしてまたお一人、絹巻銀線のご縁でリンクさせていただきました。
Fine Line【ファイン・ライン】2を主催なさっておられるNAITさんです。
私と同じDAコンバーターを使用されているので、なおいっそうのご縁。.
現在自作ラインアンプのリジッド化に再着手とのこと、今後の展開が楽しみ。

さて、昨日は週に一度の休日だったのでゆったりと近所を散歩してみた。
昭和21年に発足した美術館である大和文華館の庭を散策したり、
娘が以前通っていた幼稚園や小学校の校庭に佇んで感慨に耽ってもみた。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也 
まことに光陰矢のごとしである・・・。

その後、池のはたにある邸宅のリビングをそのまま喫茶店に仕立てたお店?を訪問した。
眼前に池が広がり、遠景にははるばる三笠の山?が見通せる。
この池はその名も蛙股池といい、推古天皇の時代に作られ日本最古のダムと言われている由緒ある池である。

2917f82e-s_convert_20081107214224.jpg

喫茶室(リビング)はまことに瀟洒な雰囲気で、
機材はスピーカーの4344以外はすべてマークレビンソンというハイソシステムだ。
珈琲カップも素敵な器で珈琲も素晴らしく美味だった。

優雅な雰囲気を充分に味わさせていただき、憩いのひとときとなった次第。

Long and (絹)winding road

ほおを切る風が冷たくなってきた。

身体ばかりか懐具合まで寒い今日この頃である。

音質改善に余念のないオーディオマニアの着眼点は人それぞれ多岐に渡る。

ここ数年私はアンプ・電源・クロック・PC関連の改善充実に力を注いできた。
電源はまだまだ追い込む予定ではあるのだが、なにぶん設置場所がなくて停滞している。

その他ケーブル・アッテネーターなどなど満遍なく注意をはらってきたつもりではあるが、
スピーカーにはほぼ満足して、改善策をおこたっていることに気がついた。

ALTEC515C JBL375 JBL2405 タテマツ音工製エンクロージャー
これらに不足は感じられない
(現在、ちょっと別策も懸案となっているが)

ネットワークも東一電気製のトロイダルコアのインダクタやSIEMENSのメタライズペーパーコンデンサーで万全を尽くしていた・・・のだが、
一部に独T.Electronic製のAUDYN CAP SNを残していたのだ。
(拙ブログのスピーカーのカテゴリー参照)

このAUDYN CAP SNというフィルムコンデンサーは現行品のなかでは最高の部類に属するもので、
これを使っていれば、まずは満足できるレベルを確保できるだろう。
(数百万円のSPでもこのクラスのコンデンサーはなかなか使用されていない。何故格落ちするパーツを使用するのか不思議だ。答えはいわずもがなであるが・・・

しかしやはりSIEMENSのMPコンと比較すると残念ながら聴き劣りしてしまう。

そこで今回ようやくオールSIEMENS(Bosch)化に取り組むことにした。

まずは本体に和紙を巻き、それから絹巻きすることから着手する。
写真のSIEMENSはNONPCBだが、BoschはPCBを含んでいそうなので、
今回は缶を切り開くのはやめておいた。

DSCN0496_convert_20081110171542.jpg

12µを作るためには9μ+1.5μ+1.5μ
位相補正にもう1個12µ
合計LRで8個 長い道のりだ。

その後10個になりました


チャンス到来

お知らせ  PCXバーゲン

Beginning @ 3 p.m. on Wednesday November 13th, 2008,we are pleased to offer all our customers "additional discounts" in accordance with pcX's 10% / 15% / 20% off Everything Sale.*

10% off
SED * Hammond * Black-Gate * Riken

15% off
ALL OTHER PRODUCT LINES
(Everything Else that qualifies*)

20% off
Mundorf * Furutech * Jensen * PEARL * EAT * KR Audio

*Note: Any item that is on special discount greater than 20% (eg. Jupiter or Holco), does not qualify for these addtional discounts (no double discounting), nor do our mods, labour, matching or testing fees.

涼風

音楽も素晴らしいけれど

自然の造形美で心のリフレッシュは如何でしょうか

DSCF6665_convert_20081117131622.jpg

DSCF6707_convert_20081117215402.jpg

DSCF6721_convert_20081117215915.jpg


2008_1010涸沢ヒュッテ 知人撮影

トラウマ

premium2にD-CLOCKを供給するために既存の水晶発振子を外す作業はこれで三度目である。
最初の1個めは見事に失敗し、基板のランドを剥離してしまった。
ランドは二つあって、基幹IC側のランドにD-CLOCKからの信号を供給し、もう片方は使用しない。
なので、こちらが剥がれたのなら差し支えないのだが見事に剥がれたのはIC側のランドだったのだ。

とにもかくにも水晶発振子を外さなければ外部からクロックを供給できないので、続けてチャレンジしなければならない。

予備のドライブを持ち出してどうにかこうにか発振子を離脱して、グランド問題でひと悩みしたのもすでに9月27日の拙ブログに記述してあるが、せっかくそうして実用になったpremium2を電源の切り忘れで壊したのがつい先日

まったく懲りないドジな男だ。

音楽データを読んだり読まなかったり不便なことこの上ないので、まずは未加工のpremium2を接続した。
少し音が太くなり何とはなしにボヤけて聴こえるので、勇気をだして三度目の水晶離脱に臨んだ。
再びD-CLOCKを供給して再確認したことは、やはり解像力や情報量が格段に上回るということだ。
人間は贅沢な生き物で、一度味わった上位の音色からは後戻りできない。

老婆心ながら付け加えるが、premium2から既存の水晶発振子を外す時はしっかり呼びハンダを盛って、充分に加熱することが肝要である。こわごわ加熱して外そうとするとランド剥離の悲劇を招くので注意されたい。

近々D-Clock NeutronStarに換装の予定なので、その変化が楽しみである。

晩秋

ちはやぶる 神世もきかず 龍田河 唐紅に 水くくるとは

紅葉の季節はもう終わろうとしているが、まだまだ周りを見渡すと華麗なグラディエーションを楽しむことができる。

CIMG3478_convert_20081210144559.jpg

こんなタペストリーがあれば・・・


CIMG3496_convert_20081210144941.jpg

最高級のペルシャ絨毯もこれにはかなわない


CIMG3493_convert_20081210144828.jpg

宇治 東福寺近影 知人撮影 (上3枚)

CIMG3557_convert_20081214143231_convert_20081214160326.jpg

秀吉の醍醐の花見で有名な醍醐寺



Plitron Magic

あらし吹くみ室の山のもみぢばは竜田の川の錦なりけり

しかしもう師走も半ばだ、

いつまでも錦秋の名残を惜しんではいられない。

さて、今回のプライト論はチョーク編(^^)v

トランスというもの、電源であれチョークであれアウトプットであれEIコアよりもR コアが優れていると思っていたし、実際いまでもRコアのお世話になっている。
しかしこのプライトロンを使いだして上には上があるもんだなと痛感した。

CDドライブのpremium2の電源は壁コンからプライトロン2KVAアイソレーショントランスで100V→200V変圧し、それをチョークインプット整流でDC180Vに変換してPHIHONGスイッチング電源に投入しDC12V・5Vを得ていた。
Rコアのチョークは市販されていないので、ソフトンが扱っている管球シングルアンプ用のアウトプットトランスの1次側巻き線をチョークインダクタとして流用していたのである。

DSCN0500_convert_20081122102126.jpg

それをプライトロンに換装してみると・・・(10H 400mA)

DSCN0510_convert_20081216133355.jpg

DSCN0499_convert_20081122102058.jpg

やはりアッと驚かされた・・・。

すでに成層圏まで突き抜けていたマイルスのミュートトランペットが、いまや太陽系の引力圏外に飛び出したかのようだ。

しかしまだまだ策はある。 いずれマイルスのペットが銀河系を突き抜け、アンドロメダや蟹座星雲をぬって響き渡るだろう・・・。

それがどうした?

私が学生のころ大阪太融寺に山水のショールームがあって、
そこにはJBLの名器がズラリと展示され、その雄姿を誇っていた。

私は当時SP-LE8Tを愛用していたがL300のお洒落な容姿と38cmウーファーの迫力に接し、いつかは15インチと心にきざみこんだ。

同じころ山水のサービスセンターが都島にあって、AU111(山水最後の真空管アンプ)を修理に持ち込んだのだが、近くに雪印の工場があり、建物の屋上に馬鹿でかい牛乳瓶が聳え立っていた。

いまでもあの巨大な牛乳ビンはあるのだろうか・・・・?

Merry Christmas

メリークリスマス

みなさん メリークリスマス(^^)v

楽しくお過ごしの方

厳かにお過ごしの方

ハンダごてをお握りの方(中部のあなたです)

クリスッマスおめでと~

クリスマスソングを優雅にお楽しみくださいませ。

このたびPlitronをお使いのご縁でfairbrookさんのブログSisyphean Laborとリンクしていただきました。なんと5KVAをお使いの猛者であらせられます。
よろしくお願い致します。

では、みなさま メリークリスマス

CABLB9L4_convert_20081225012303.jpg

温故知新

今年最後の買い物はこれ 大晦日の朝アマゾンから届いた。

SA2A0038_convert_20081231152207.jpg

1955~57年 前谷惟光氏作の貸本漫画 ロボット三等兵。

今で言う「天然」の元祖がこのロボットだ。

SA2A0037_convert_20081231152056.jpg  SA2A0036_convert_20081231152019.jpg

笑いの中にそこはかとないペーソスが漂う傑作

私は近所の貸し本屋さんで借りて読んだ記憶がある。

皆さんは貸本漫画や貸本やさんをご存知だろうか・・・?

いまでこそレンタルビデオやレンタルCDショップがあるが、昔は貸し本屋さんと

いうのがあって少年・少年画報・少年クラブというような月間漫画雑誌や単行本

漫画、そして怪人二十面相・少年探偵団・・・などの小説を貸してくれたのだ。

水木しげるさんの悪魔君 河童の三平なども、後の週刊漫画雑誌に連載された

ものよりも、もっとプリミティッブな貸本漫画バージョンがあったのですぞよ。

大晦日の今日、このロボット三等兵を手に取りパラパラとページをめくれば、

たちまち50年近く前の穢れなき少年時代にタイムスリップした。

さては皆様

本年は拙ブログにご愛顧していただき、誠にありがとうございました。

たった半年とはいえ、されど半年。三日坊主の私がこのブログを続けてこられた

のも、皆様のご声援があったれば(と能天気に受け取っております)こそでござ

います。

来る新年も皆様のご健勝とご多幸を祈念させていただき、今年の締めくくりのご挨拶とさせていただきます。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます

   本年も宜しくお願い致します


新春の格言

               音が良くても悪くても

            笑う門には福きたる

返り討ち

大阪は今日もしばれる・・・。(しばられる ではない)

最近私のマイブームは萬屋錦之介。

破れ傘刀舟などを観ていると、月光菩薩の慈愛と、不動明王の憤怒を同一人物の中に具現できる稀有な俳優だ。

もちろん中村錦之助時代の明るくて豪快な演技も素晴らしく、まさに「いよっ 錦ちゃん!」である。

先日観た近松ものの「浪花の恋の物語」の有馬稲子との競演は切なくも美しく、銀幕スターとしての面目躍如たるものだった。 そして片岡千恵蔵御大にいたっては黙ってアップになるだけで強烈な存在感に圧倒される。

映画界 今は昔である。

さて、アンデルセンの国からの荷物(DEXA Technologies社電源モジュール)はまだ手元に届かないが、そんな折に某師匠から私のNeutronStarの設置についてご指摘をいただき、シャーシーを換えてみた。

DSCN0504_convert_20081228124120.jpg

このケース アルミダイカストなのだが、敲くと実にいやな響きがする。
まあ私としても仮設置だからと甘く考えていたのだが、それではと置き換えてみた。

DSCN0584_convert_20090125131912.jpg

もともと某国産CDプレーヤーの天板で5mmのアルミ。
切削してみると以外に手強く、なかなかの剛性をもっているようだ。

で、いそいそとコネクターを差し替えて音をだしてみた。

ジャーン

世の中そんなに甘くなかった。  (T_T) 

A先生に聴いていただくと こんな音なら何処のハイエンドショップでも聴ける・・・とのこと。
同席のRS237君も なにやら厳しい発言 自宅のシステムの調子が悪いうっぷんをここで晴らしているのかもしれない ありがたや ありがたや・・・・・(^^)v

再来

ここ数日、雨が続いている。

例年よりひと月ほど早い菜種梅雨らしい。

我々には少し鬱っとうしいが、冬の寒さに耐えてきた草木は春の準備を着々としていることだろう。

今朝、某所に留めていた自転車の空気が抜かれ、雨の中を押して歩くハメになった・・・。

さて、再来といっても元寇のことではない。

Plitronである。

今回は電源トランスとアイソレーショントランス。

DSCN0613_convert_20090225111444.jpg

アイソレーショントランスの容量は500VAで、私としては初めての小容量タイプである。

従来2~3KVAタイプを6個、それぞれの機器に分離供給していたが、CDドライブのpremium2と2個のD-clockへは同じ3KVAのアイソレーショントランスから供給していたので、それぞれ専用分離することにしたのだ。

特にクロックモジュールの場合は電源1次側にノイズのモジュレーションをかけるので(既記述)アイソレショーンはぜひ処置しておきたい。
もっともアイソレーショントランスを挿入してもノイズは回り込んでしまうのだが、私の耳に感知できるような悪影響はないようだ。

まだまだ私もビョーキ修行が足りないらしく、さすがにクロックそれぞれに3KVAを用意しかねたので、不本意ながら500VAとした。

DSCN0618_convert_20090225111528.jpg

3KVAとの大きさの対比はご覧のとおり。

あと1個 G0-sの内部のルビジウムユニットへも外部から電源を引っ張り込む予定なので、それ専用のアイソレーショントランスを注文しないといけないが、
何KVAにしようかな・・・・・。

江南春絶句

千里鶯啼映紅,

水村山郭酒旗風。

南朝四百八十寺,

多少樓臺烟雨中。


P2210050_convert_20090228094544.jpg

春霞にけむる梅林を眺めていると漢詩の風景が脳裏を去来する。

今日はスッキリ晴れ渡った青空で、この数日の春雨に洗われた空気も澄み、
爽やかさ全開である。

こんな日はリスニングルームに閉じこもって音楽などを聴いている場合ではない。(私は職場だが)

近所を散策して梅の花を探すのも一興、所によれば桃の花も見つかるのではないだろうか・・・。

ところで・・・。

ラストオーダーの(かどうかわからないが)プライトロンは3KVAに決定した。

1KVAのほうがスペースファクターがよいのだが、「ファイティングオーディオ」を返上して「日和見オーディオ」に改名しなくてはならなくなるので3KVAとした。

梅源郷

盆梅展に行ってきた。

奈良の大和郡山といえば金魚で有名だが、そこには郡山城が武家政治の名残をとどめている。
筒井順慶により築城が開始され、豊臣時代は秀吉の弟秀長の居城となり、江戸時代にはかの柳沢家が藩主だった城だ。

盆梅展は復元された追手門(梅林門)の櫓内に展示されており、櫓に入った途端馥郁たる香りに包まれ、桃源郷ならぬ梅源郷に彷徨いこんだような錯覚にとらわれた。

PA0_0000_convert_20090307155337.jpg     PA0_0001_convert_20090307155457.jpg

PA0_0002_convert_20090307155605.jpg     PA0_0005_convert_20090307155536.jpg
(携帯からの写真で残念)

実際に行くまではもっと小さな盆栽を想像していたのだが、意外と大きなもので、そのどれもが枯れた幹の佇まいが味わい深く、室内で観る梅もまた趣きのあるものだった。

さて本日 はるばる福岡から「為せば」のてつさんが、そしてお隣の玉出から「たもの部屋」のta-mo-ta-moさんが来てくださった。
てつさんには四国から福岡への忙しい道中の中お立ち寄り頂きまことにありがとうございました。

お二人ともかなりのバイク好きらしく、400cc,どまりの私などはお恥ずかしいかぎりだが、それでもかつて私がスズキGT250やホンダVF400に乗っていた話などを快く聴いてくださって感謝。

お二人から若さのエネルギーを頂き、なおかつ相互リンクをしていただきました
ので、今後とも宜しくお願い致します。                 hamond拝

(ご紹介いただいたstill_crazyさん、道案内してくださったtoku1209さん、ありがとうございました。)




友有来遠方 

亦非楽也

昨日本降りの春雨の中、東京からお二人のお客様が来てくださった。

関西からもご一緒にお二人、そして仲間が三名。

音楽とオーディオをこよなく好む同志が集ってすこぶる楽しい時間を過ごさせていただいた。

あれでお酒があればもう音楽は無くても・・・・

なんて皆様の顰蹙をかうような不届き千万な考えもよぎるほど、やはり仲間との語らいは楽しいと実感した次第。

昨日お越しくださった皆様 ほんとうにありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。

おっと、今朝またシステムにプライトロンのチョークトランスを追加した。

目下のところノートパソコンもチョークインプット電源になったわけだ。

ギター侍ではないが 残念!  

昨日の朝 やっとけばよかった 

DSCN0625_convert_20090323120231.jpg


自己陶酔中毒

ガハハハッ・・・・

いや 参りました。

conranz さんが紹介なさっているキャッチコピーチェッカーで自己診断してみると・・・

私のキャッチコピーは

自己陶酔中毒

いやあ、じつに光栄なコピーである

これからは まいど! 自己陶酔中毒のhamondですっ! て言おう

追記

本名で検索すると、なんと・・・・

戦慄の熱視線・・・だって。

格好いいじゃん 

春夜

春宵一刻値千金,

花有香月有陰。

歌管樓臺聲細細,

鞦韆院落夜沈沈。
 
 


この季節の一刻は宵に限らず貴重なものだ。

このひとときに千金の値打ちを見出すか

株価の上昇下降に一喜一憂するか

人の価値観は十人十色であるが

願わくは前者でありたい
(願わくはですよ

なお、鞦韆というのはブランコのことであるが、子供の遊具ではなく
うら若い女性が遊ぶための華やいだ遊具のこと。

「オーディオ彷徨」

今日はせっかくの休みなのだが、雨になって気温も低い。

最近、電動アシスト自転車を手に入れたので休みの日は奈良探索サイクリングに出かけているが、今日はだめだ。
秋篠寺、平城宮跡、唐招提寺、薬師寺などなど有名なところも善いのだが、近所のなにげない路地をそぞろ走っていると、それぞれの街並みや個々の家の創意工夫に興味深いものがあって楽しい。

バラは終わってしまったが、もうすぐ紫陽花が咲いてくれるだろう。

もうかなり前のことになるが、奈良の矢田寺に紫陽花を観にいったことがある。

紫陽花百種繚乱といった風で、種々の紫陽花が咲き乱れていた。

おりしも雨上がりというか霧雨がまだ残っていたときだったので、

ひときわ色鮮やかに紫陽花ならではの風情を醸し出していた。

さてこのたび、岩崎千明氏著「オーディオ彷徨」のご縁で、宮崎勝己氏が主催されるブログaudio identity (designing) にリンクさせていただきました。
よろしくお願いします。

ニューカマー

インターフェイスをRME FF800からPrism soundのOrpheusに換えてみた。

このOrpheusは特にAD/DAコンバーター部分の評判がいいのだが、
私は自前のDAコンバーターを使用するので純粋にインターフェイス機能だけの刷新となるわけで、
非常に贅沢な(無駄な)使い方をしているわけだ。

DSCN0664_convert_20090602164408.jpg

ドライバーのインストールはFF800よりも簡単で早い。
PCとの接続は1394b端子がないので1394aのみとなり、
DAコンバーターとはRCAプラグジャックによるS/PDIF。
ワードクロックはエソテリック・ルビジウムから44.1Kに変換して注入。

FF800には真空管整流によるスペシャル電源からDC300Vを供給していたが、
まずは壁コンダイレクトのAC100Vで試聴した。
プライトロンも使わずに裸のAC100Vである。

まず一聴して芯の通った音調で、立ち上がりの素早い音である。
スペシャル電源のFF800に比べると少し荒削りな部分もあるが、
数日通電していると落ちついてきた。
次はプライトロンを挿入し、その後に真空管整流スペシャル電源も控えているわけだから、大化けの可能性満載でこれからが楽しみなことである。

追記

Orpheusへの電源供給を壁コンダイレクトから3KVAのプライトロンアイソレーショントランス経由に変更した。
いつものことながら雑味がさらにとれてピュアな音質へとスライドする。

ひとつ残念なことが。

Orpheusの電源スイッチはリレーで制御されているので、回路を読み取るまではスペシャル電源からのDC300V供給はうかつには実施できない。




七夕

今日は七月七日

七夕祭りが各地で催されていることだろう。

私は七夕祭りが好きだ。

笹に付けた五色の短冊・・・

小学生の頃、家の近くにあった帝塚山学院の中・高等部(女子校)で七夕祭りが催されていた。
本来は関係者しか入ることはできないのだが、そこはそれ小学生のことである。
うまくもぐりこんで校庭に設置したスクリーンに映しだされたトム&ジェリーなどの映画を楽しく観覧させてもらった記憶がいまだに鮮明に想い浮かぶ。

手抜きというか蛇足だが、1年前の七月七日にアップしたものをここにもう一度書き留めたい。
来年の七月七日にもするかもしれないが・・・。

今日は七夕
都会ではなかなか銀河を見ることはできないが、
今夜ぐらいは家族で夜空を仰いでみたら如何であろうか・・・。

宇宙はビッグバンから始まったと言われてきたが、
いまやビッグバン以前がとり沙汰されている。

そのキーワードは真空・・・
真空のなかでは素粒子が発生しては消え、消えては発生・・・を繰り返しているらしい。

そこからどのようにして、この大宇宙が派生したのか計りしれないが、
今夜はベガとアルタイルの邂逅を眺めながら、大銀河に想いを馳せようではないか・・・。

Beatles mono

DSCN0705_convert_20090912131805.jpg

謹賀新年

明けましておめでとうございます 

旧年中は拙ブログをご贔屓くださり、まことにありがとうございました。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

新しき 年の始めの 初春の 今日降る雪の いや重け吉事

大伴家持

しんしんと降り積もる雪のように今年も善いことが重なりますように・・・・・。

春来

ようやく寒気が緩んだと思ったら晩春のような陽気に見舞われた。
電動アシスト自転車で自宅の周囲を散策してみると、いつのまにやら梅があちらこちらで満開に咲いていて驚いた。
実際には三分咲き程度なのだろうが、見た目には充分満開である。
あの甘酸っぱいふくいくとした香りを吸い込むと、身体中に爽やかな気がみなぎる。

DSCN0764_convert_20100227112012.jpg
奈良 追分梅林 H.22.2.25

DSCN0767_convert_20100227113257.jpg

この追分梅林のいっかくに何故かダチョウが飼われている。
管理の人に尋ねるとペットとして飼っているらしい。
実際そのつぶらな瞳は宝石のように輝いており可愛いくまた愛嬌のある顔をしていた。

DSCN0768_convert_20100227112225.jpg DSCN0770_convert_20100227112312.jpg
左が雄で右が雌

自転車であてもなく散策していると、なにげない風景や民家にも魅力があることに気づく。
自然の素晴らしさはいわずもがな、民家それぞれにも前庭の工夫や建物に個性があって興味は尽きない。

DSCN0759_convert_20100227112459.jpg DSCN0760_convert_20100227112651.jpg
秋篠寺南門                散策中に遭遇した池


梅に鶯

今年も大和郡山城の盆梅展に行ってきた。

梅は清楚でたおやか。
桜は豪華絢爛のなかに儚さが漂い、どちらの魅力も捨てがたい。
おっと桃も忘れてはならない。
なにしろ桃源郷に咲いているぐらいだから夢見心地におちいる。

CIMG1687_convert_20100304222536.jpg CIMG1690_convert_20100304222831.jpg

前々から欲しいと思っていた盆梅を今年は買って帰った。

DSCN0776_convert_20100312145624.jpg

写真で見ると大きさが判らないが、買ってきたのは高さ50cmぐらいで、上の写真のほうは2mぐらいある。

いま、私の部屋はほのかな梅の香りに満たされている。

木瓜

あをによし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり

奈良東大寺横にある依水園に行ってきた。
若草山や東大寺南大門などを借景とする庭園で
四季それぞれの花も見事な景観を見せてくれる。

CIMG1746_convert_20100414124534.jpg

これはみつばつつじで写真ではよく見えないが折り紙で折ったような三つ葉が特徴であった。
もちろん爽やかなピンクバイオレットの花弁も清涼感に溢れている。

CIMG1752_convert_20100414124720.jpg
若草山と東大寺南大門を借景にした後園

その後、奥山ドライブウェイで若草山に登頂する途中からのショット。
大仏殿と興福寺の五重塔が遠望できる。

CIMG1760_convert_20100414124214.jpg

近隣を自転車で散策していると1本の木に三色の花が咲いているのを見つけた。
実は去年の春に見つけて、あれは何処だったか何だったかと1年悩んだのだが、
今春めでたく再発見して木瓜だということもわかった(おそらく)
しかし見事な色鮮やかさにしばし見とれてしまった。

CIMG1739_convert_20100414124420.jpg

jillartさんから「あれは花桃ではないか?」という教えをいただいた。
なるほどググってみると同じような花がでている。
いやあ失礼しました、そしてひとつ賢くなりました。
jillartさん、ありがとうございました。




プロフィール

hamond

Author:hamond
つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
究極の感動を味わうために日夜悪戦苦闘しております。
皆様のご支援がなによりの活力剤 !
よろしくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。